台風21号で「ラーメンより大切な命はない」 人気店「一風堂」痛恨のミスツイート

【台風21号】一風堂が「ラーメンより大切な命はありません」と誤りツイート

記事まとめ

  • 台風21号が接近する中、一風堂が「ラーメンより大切な命はありません」とツイート
  • 「『命より大切なラーメンはありません』と書くべきところを」とお詫びした
  • 「ものすごい、ラーメン魂を感じました。笑」と、むしろ好感度を上げる結果となった

台風21号で「ラーメンより大切な命はない」 人気店「一風堂」痛恨のミスツイート

台風21号で「ラーメンより大切な命はない」 人気店「一風堂」痛恨のミスツイート

台風21号で「ラーメンより大切な命はない」 人気店「一風堂」痛恨のミスツイートの画像

台風21号が接近していた2018年9月4日 10時ごろ、「ラーメンより大切な命はありません」――こんな「珍言」がツイッターで生まれた。

投稿者は、ラーメンチェーン「一風堂」の公式アカウント。台風接近のため、関西・東海地方の一部店舗を休業すると伝え、フォロワーに安全確保を促す内容だったが、誤って命よりも「ラーメン」が大切だと伝えてしまった。

大慌てで訂正「懺悔いたします」

台風21号接近に伴い、4日は関西の百貨店や駅ビル、テーマパークなどで休業が相次いだ。一風堂でも13店舗の営業時間を短縮し、6店舗を休業した。

一風堂の公式ツイッターは4日朝10時ごろ、「お客様や従業員の安全確保」のためとして同日の営業に関する先述の措置を報告。続けて、自社の商材に絡めて、

「ラーメンより大切な命はありませんので、くれぐれも不要不急の外出は避け、安全確保にご留意ください」

と注意を呼びかけた。

だが、ツイートはすぐに削除された。その後再投稿があり、

「【※お詫び】先ほどの台風のツイートで酷い間違いをしてしまいました...。慌てて訂正させていただきましたが、『命より大切なラーメンはありません』と書くべきところを『ラーメンより大切な命はありません』と書いていました...。懺悔いたします」

とお詫びした。

「不謹慎ですが笑ってしまいました」

「お詫び文」は、4日夕現在で2万2000リツイートと広く拡散された。

「不謹慎狩り」との言葉があるように、さぞネットユーザーはご立腹か...と思いきや、

「ごめんなさい。不謹慎ですが笑ってしまいました」
「ものすごい、ラーメン魂を感じました。笑」

と、むしろ好感度を上げる結果となった。

一風堂公式は「騒動」を受け、

「皆様、何だかお騒がせしてすみません...。無意識の本音なのでしょうか...自分が怖いです。とはいえ、実際笑えない規模の台風のようですので、本当にお気を付けくださいね。安全第一。今日は皆さん早めのご帰宅を!」

と言葉を足している。