しょうゆ手絞り体験、オリジナル日本酒ラベルで記憶に残る旅

しょうゆ手絞り体験、オリジナル日本酒ラベルで記憶に残る旅

しょうゆ手絞り体験、オリジナル日本酒ラベルで記憶に残る旅の画像

川越プリンスホテル(埼玉県川越市)は、親子やパートナーとの絆が深められる「〜感謝の気持ちを旅に込めて〜記憶に残る宿泊プラン」を、2018年9月10日から12月30日まで販売する。

現地だけの体験・文化に触れる

川越市によるアンケート調査によると、同市を訪れる観光客は日帰りが9割以上を占め、滞在時間に関しては半日以内にとどまるという。この結果を受け、短時間の観光では体験できない、滞在価値が得られるプランを企画した。

約250年の歴史を持つ蔵元の松本醤油商店、一度幕を閉じながらも蘇った小江戸鏡山酒造と提携。醤油蔵見学や手絞り体験を通じて、伝統の醤油作りや味を体感できる。また、松本醤油商店の敷地内にある鏡山の酒蔵もガラス越しに見学可能だ。夕食時には希少な地元の銘酒「さけ武蔵大吟醸」に、オリジナルメッセージを印字して提供する。

現地だけの体験・文化に触れながら、大切な人との絆を強め、日本酒を飲みながら日頃伝えづらい感謝の思いを示す機会として利用できるという。

1人分の料金は1万5930円〜(1室2人利用時、税込)。