「吉岡里帆コラボレーションウォッチ」 デザイン性と実用性を両立

「吉岡里帆コラボレーションウォッチ」 デザイン性と実用性を両立

「吉岡里帆コラボレーションウォッチ」 デザイン性と実用性を両立の画像

時計、ファッション雑貨、フレグランスなどのブランドを取り扱うウエニ貿易(東京都台東区)は、腕時計ブランド「Angel Heart(エンジェルハート)」から「吉岡里帆コラボレーションウォッチ」を2018年9月20日に発売する。

ひと目で時間が分かりやすい

発表資料によると「エンジェルハート」は、04年に創立して以来、ピンクとハートをモチーフにキラキラとカワイイ輝きを女性たちに届けてきた。また、18年2月には同ブランドのイメージキャラクターに女優の吉岡里帆さんが就任。春夏コレクションは大好評だったとのことだ。

秋冬コレクションも吉岡里帆さんとのコラボレーションが実現し、デザイン性と実用性を両立した2型をラインアップ。

清涼感のある柔らかなホワイトカーフレザーを使用し、女性らしいピンクゴールドのメッシュベルトを合わせた。真っ白なダイヤルの中央には天然パールをレイアウト。その周りを囲むインデックスには8石、さらにリューズのトップにもスワロフスキー・クリスタルをあしらった。また、ケース、針、インデックス、スワロフスキー・クリスタルの台座、リューズを全てピンクゴールドで統一することで、女性らしさを演出。さらに、時針分針の先が尖っており、目盛りが1秒ごとに細かく刻まれているので、ひと目で時間が分かりやすいという。

小さなハートのモチーフを模った秒針が、シンプルだが華やかなダイヤルの上で時を刻み、腕もとをキラキラと輝かせてくれる。

価格はホワイトレザーベルト1万8000円(税別)、メッシュベルト1万9000円(同)。