人間国宝・中村吉右衛門が語った「継承」への思い 「二代目を継いでもう50年」

人間国宝・中村吉右衛門が語った「継承」への思い 「二代目を継いでもう50年」

人間国宝・中村吉右衛門が語った「継承」への思い 「二代目を継いでもう50年」の画像

歌舞伎界の「重鎮」をテレビCMに起用――。SMBC日興証券が2018年10月1日から全国放送を開始した新CMに、歌舞伎俳優・中村吉右衛門さん(74)が出演している。

「その人生に、SMBC日興証券。」をコンセプトに、中村さんの人生譚と日興証券の事業理念を重ねた。

5年ぶりのテレビCM出演

中村さんは1961年に二代目中村吉右衛門を襲名した。以降、歌舞伎界の大看板として活躍し、2011年に人間国宝に認定された。テレビ時代劇「鬼平犯科帳」の主人公・長谷川平蔵役でも知られる。

5年ぶりのテレビCM出演となった今回の作品。「二代目を継いでもう50年になります」とのセリフから始まり、磨きあげた芸の「継承」への思いと絡め、日興証券が手がける資産や事業の「継承」をPRした。

CMは15秒版、30秒版の2本が制作された。