サイズがバラバラの手紙用品をスッキリ収納 「紙文箱」

サイズがバラバラの手紙用品をスッキリ収納 「紙文箱」

サイズがバラバラの手紙用品をスッキリ収納 「紙文箱」の画像

キングジムは、"日々をたのしむ"文房具ブランド「HITOTOKI(ヒトトキ)」から「紙文箱(カミフミバコ)」を、2018年10月5日に発売する。

レターセットやメモパッドも収納可能

レターセット・切手・シールなど、大きさがバラバラな手紙用品をひとまとめに収納できるボックス。大きさの異なる4つのスペースに分かれており、落下防止用のゴムバンドが付いているフタ裏には、レターセットやメモパッドなど大きなものも収納可能だ。また、一筆箋やシートシール、切手シートなどを入れられるスペースのほか、ハガキやブロックメモ、マスキングテープ、フレークシールといった細かいものを収納できる、透明なフタ付きのスペースを2つ用意する。

カラーは、郵便ポストのような赤と、便箋をイメージしたというストライプグリーン、封筒がモチーフの茶の3色。

価格は1850円(税抜)。