アシックスジャパン、「ミタスニーカーズ」とのコラボシューズ

アシックスジャパン、「ミタスニーカーズ」とのコラボシューズ

アシックスジャパン、「ミタスニーカーズ」とのコラボシューズの画像

アシックスジャパンは、「アシックス」と「アシックスタイガー」両ブランドと、スニーカーショップ「ミタスニーカーズ」がコラボレーションした「GEL-KAYANO25TORICO(ゲルカヤノ25トリコ)」2品番、「同TRAINER(トレーナー)」1品番を2018年10月6日に発売する。

2017年10月6日にオープンしたアシックスの旗艦店「アシックス原宿フラッグシップ」のオープン1周年と、ランニングシューズ「GEL-KAYANO」発売25周年を記念したモデル。

「アシックス原宿フラッグシップ」のオープン1周年

どちらもトリコロールカラーが特徴で、アッパー(甲被)は「アシックス」のブランドカラーをイメージしたブルーをベースに、靴底やヒールテープなどにレッドを、ミッドソール(甲被と靴底の間の中間クッション材)にはホワイトを取り入れた。このカラーリングは、「ミタスニーカーズ」とコラボレーションして話題となったという2015年1月の「アシックスタイガー」ブランド復刻と、発売25周年記念の「GEL-LYTE(ゲルライト)V」、2016年1月のブランド復刻1周年を記念した「GEL-LYTEV」を踏襲している。

「GEL-KAYANO25TORICO」(1万6500円、男性用24.5〜30.0[0.5センチ刻み]、31.0、32.0センチ、女性用22.5〜26.0[同])は、ミッドソールに独自開発のスポンジ材「FLYTEFORM Lyte(フライトフォームライト)」と「同 Propel(プロペル)」を採用。「FLYTEFORM Lyte」は、次世代高機能素材として注目だというセルロースナノファイバーを活用し、軽量性と耐久性を高次元で両立したスポンジ材だ。従来のFLYTEFORMよりも強度を約20%、耐久性を約7%アップさせた。

「同TRAINER」(1万8500円、22.5〜30.0[0.5センチ刻み]、31.0センチ)は、1993年に発売された「GEL-KAYANO」シリーズ初代モデルをベースに、伸縮性に優れた素材を使用してベロ部とアッパーの足首部を一体化させた「モノソック」構造や、ラバーを使用したアシックスストライプがポイントとなっている。

アシックス原宿フラッグシップ、ミタスニーカーズなどで取り扱う。

価格はいずれも税別。