孫正義と豊田章男 対照的な2人の「因縁」と「憧れ」

孫正義と豊田章男 対照的な2人の「因縁」と「憧れ」

孫正義と豊田章男 対照的な2人の「因縁」と「憧れ」の画像

トヨタ自動車とソフトバンクという異業種の巨大企業が2018年10月4日、移動サービスの分野で提携し、新会社「MONET Technologies(モネ テクノロジーズ)」を設立すると発表した。

記者会見にはソフトバンクグループの孫正義会長兼社長とトヨタの豊田章男社長がそろって登場し、約30分間にわたって対談。2人は今回の提携を機に約20年ぶりに再会したといい、自動車メーカーとしては創業3代目の豊田氏は、「創業者」でもある孫氏への憧れを次々に口にした。

20年前に孫社長のオファーを豊田氏が断る

2人が出会った20年前は、豊田氏が課長として自動車情報サイト「GAZOO.com」を立ち上げた頃で、豊田氏は、サイトを通じて中古車のネット商談を実現し、それを新車でも行おうとしていた。そんなタイミングで、孫氏から米国で生まれた「ネットディーラー」というシステムの導入の提案があった。GAZOOにすべてをかけていた豊田氏からすれば、これは「ありえない!」話で、丁重に断った。

孫氏は当時、「やっぱりダメか...」と「がっくり」きたというが、

「ダメだったけれど、悪い感じではない。いつか何かの形でご縁があるのではないかという予感はあった」

といい、今回の提携話が持ち込まれた時には「まじか!」と、大喜びしたという。

ここで話は、「創業者」のあり方に及んだ。豊田氏は、豊田自動織機製作所などを創業したトヨタグループ創始者の佐吉氏、トヨタ自動車を創業した喜一郎氏、07年に米国の自動車殿堂入りした章一郎氏に続く4代目。自動車メーカーとしては3代目だ。孫氏の印象について聞かれた章男氏は、「たたき上げ」という言葉を繰り返しながら、「創業者」というものに対するあこがれを口にした。

「私の親族にも創業者は沢山おりますし、私自身は創業者ではないわけですから、そういう意味で、創業者というのは、どこを向き、何を悩み、そうやって(経営を)やっておられるか。それに加えて、高い志を持たれながら、やっぱりたたき上げというのがね、私が非常に孫さんに憧れるところでもありますよね。やっぱり『たたき上げのど根性』というかね、『ど根性』というか、『負けてたまるか』というか、そこのところが共通、共感しているところなので...」「リビング創業者」に迫ることは自らの先祖に迫ること

その上で、

「一度こうやって創業者というものに迫ってみたい。で、『リビング創業者』に迫ることで、私で言うと佐吉とか喜一郎に迫るヒントを与えていただけるのではないか」

などと話し、孫氏と自らの先祖の姿を重ねた。一方の孫氏は、2代目以降の方が苦労が多いとして、豊田氏を励ましていた。

「創業者というひとつの立場もありますけれども、継承する方が、僕ははるかに難しいだろうと思うんですね。うまくいって当たり前だと言われるし、うまくいかないと『ほら見ろ』と言われるだろうし、大変ですよね?しかも、もうすでに世界の1位でしょ?世界の1位の次は1位。保たなきゃいけない。保っていくというのはマラソンでずっと走って行くようなものですから、この試練にというのは、責任感だとか、それは大変なものだろうなと思いますよね」

新会社はソフトバンクが50.25%、トヨタが49.75%出資し、ソフトバンクの宮川潤一副社長が社長につく。18年度中に事業を開始し、ライドシェア(配車サービス)、飲食、医療、物流などの分野でサービスを展開。20年代半ばには自動運転車への切り替えを目指す。

(J-CASTニュース編集部 工藤博司)