カシオ「EDIFICE」から「Honda Racing」コラボモデル

カシオ「EDIFICE」から「Honda Racing」コラボモデル

カシオ「EDIFICE」から「Honda Racing」コラボモデルの画像

カシオ計算機は、高機能メタルウオッチ「EDIFICE(エディフィス)」から「Honda Racing」とのコラボレーションモデル「EQS-800HR」を2018年10月12日に発売。

モータースポーツに不可欠なカーボン素材を文字板に採用

「Honda Racing」は、ホンダが世界で展開するモータースポーツ活動の総称。また、同社が「EDIFICE」にて2016年からスポンサーを務めているF1チーム「Scuderia Toro Rosso」に、今シーズンからパワーユニットを供給して注目を集めているという。発表資料によると、「Honda Racing」と「EDIFICE」は、共に日本で誕生し高度な技術を追求する精神を持っていることから、今回のコラボレーションが実現した。

モータースポーツに不可欠なカーボン素材を文字板に採用したソーラーモデル。「Honda Racing」のアイデンティティーをイメージできるように、赤を裏地に施したホワイトの革バンドを採用した。また、文字板には「Honda Racing」のロゴを、遊環とケースバックには「Honda」のロゴを刻印。さらに、専用パッケージには参戦から50年を迎える1968年のF1マシン「RA301」のカードを同封しており、プレミアム感あるモデルになった。

価格は2万8000円(税別)。