時速360キロ、バッテリー稼働... 東海道新幹線で続く「実験」は何を目指す?

時速360キロ、バッテリー稼働... 東海道新幹線で続く「実験」は何を目指す?

時速360キロ、バッテリー稼働... 東海道新幹線で続く「実験」は何を目指す?の画像

2019年に入り、東海道新幹線では興味深い実験が次々と行われている。しかも、中には世界初の試みも。

今回はそれらの実験の内容と目的を解説し、新幹線の海外輸出についても触れてみたい。

夢のある実験から世界初の試みまで

2019年7月現在、東海道新幹線の営業最高速度は285km/h、日本の鉄道における営業最高速度は東北新幹線の320km/hである。一方、最高速度の向上を目指す努力は続けられている。

今年5月、東海道新幹線で行われた速度向上試験で最高速度360km/hが達成された。使用された車両は2020年デビュー予定のN700S。通常、新幹線は16両編成中モーターを搭載した車両は14両になるが、今回の実験では16両すべてにモーターが搭載され、米原〜京都間の下り線で360km/hに到達した。

7月10日にはN700Sを使った自力走行試験を行った。高速鉄道でバッテリーによる自力走行は世界初の試みである。通常、新幹線は屋根に取り付けられたパンタグラフから電力を得てモーターを動かす。しかし停電が発生すると、新幹線は立ち往生するだけでなく空調設備や水洗トイレも使用不可に。乗客に多大な負担をかけることから、大きな課題であった。

今回の実験では16両編成のうち4両にリチウムイオン電池を搭載。リチウムイオン電池から電力を得ることで新幹線を動かし、30km/hの自力走行に成功した。なおリチウムイオン電池はパンタグラフから得た電力で充電する。

東海道新幹線の最高速度は上がるの?

それでは、すぐに東海道新幹線の営業最高速度は360km/hに上がるのか? 答えを先に書くと当面は360km/hに上げる予定はなく、現行の285km/hを維持する。東海道新幹線は列車本数が多いため、極端に速い列車を設定するとダイヤ全体のバランスが崩れてしまう。つまり、営業運転にて最高速度を上げるには様々な観点から検討する必要があるのだ。

一方で今回の実験は新幹線の海外輸出も視野に入れている。世界に目を向けると、熾烈な高速列車の導入競争が行われている。たとえば、中央アジアのウズベキスタンでは2011年からスペイン・タルゴ社製の高速列車「アフラシャブ」が導入されている。また、2015年にインドネシアが価格面から中国の高速鉄道を採用したことは記憶に新しい。

今後、新幹線は停電時でも自力走行可能な360km/h車両という新たな看板を掲げ、熾烈な海外高速鉄道レースに参戦することになる。

(フリーライター 新田浩之)