日本各地のコーヒーが自宅に届く 定額制サービス「CAFE PASS・BOX」9月から

日本各地のコーヒーが自宅に届く 定額制サービス「CAFE PASS・BOX」9月から

日本各地のコーヒーが自宅に届く 定額制サービス「CAFE PASS・BOX」9月からの画像

国内140店舗のカフェを定額で利用できる「CAFE PASS」は、日本全国各地のロースターからコーヒーが自宅に届くサブスクリプションサービス「CAFE PASS・BOX」を2019年9月上旬から始める。

毎月2店舗のコーヒーを味わえる

サービスは「CAFE PASS」に加盟するロースターの中から、運営会社のSame Sky(本社:東京)がピックアップした2店舗のコーヒーを毎月届けるもの。2種類のコーヒーを合計6杯分味わえる「ライトプラン」などがあり、2019年8月9日時点ではクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」で2000円から申し込める。コーヒーは豆、粉、ドリップバッグのいずれかを選べる。

また、ロースターを紹介するカードが付属し、コーヒーが気に入った人に実際の店舗への来店を促す。

はじめにコーヒーが届くのは愛知県名古屋市の「Q.O.L.COFFEEE」、東京都品川区の「GLOBE COFFEE」の2店舗。コーヒーの種類は「届いてからのお楽しみ」だという。