「ブラックサンダー」と石川「加賀棒茶」が合体 「ほうじ茶ラテ」

「ブラックサンダー」と石川「加賀棒茶」が合体 「ほうじ茶ラテ」

「ブラックサンダー」と石川「加賀棒茶」が合体 「ほうじ茶ラテ」の画像

有楽製菓(本社:東京)は、チョコレート菓子「ブラックサンダー」の新フレーバー「ほうじ茶ラテ」を2019年9月9日に全国のコンビニで販売開始した。

ほうじ茶とホワイトチョコで「ラテ」味に

使われるほうじ茶は、香ばしい香りを特徴とする石川県の「加賀棒茶」。ミルク感の高いホワイトチョコチップの味とほうじ茶の香りが口の中で混ざり合い、「ほうじ茶ラテ」のようなまろやかな味わいが広がる。

また、ココアクッキー、プレーンビスケット、ケーキ生地を配合したことで、ほろっとした優しい食感が楽しめるという。

パッケージは和風小物をイメージした3種類のデザインを採用した。

価格は1本40円(税抜)。

9月23日からは全国のスーパーマーケット、ドラッグストアでも販売する。