新幹線「特大荷物置場」は、訪日観光客の混乱招く? 筆者が見た海外の事情

東海道・山陽・九州新幹線で特大荷物の事前予約制を導入へ 訪日観光客の混乱指摘も

記事まとめ

  • JR東海、JR西日本、JR九州が新幹線に特大荷物置場を設置することを発表した
  • 東海道・山陽・九州新幹線で、一定以上の荷物を対象に事前予約制が導入される
  • この制度に外国人観光客が混乱する可能性や、セキュリティ面の不安を指摘する声も

新幹線「特大荷物置場」は、訪日観光客の混乱招く? 筆者が見た海外の事情

新幹線「特大荷物置場」は、訪日観光客の混乱招く? 筆者が見た海外の事情

新幹線「特大荷物置場」は、訪日観光客の混乱招く? 筆者が見た海外の事情の画像

JR東海、JR西日本、JR九州は8月29日に東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を見越して、東海道・山陽・九州新幹線に特大荷物置場の設置と事前予約制の導入を発表した。

新幹線に限らず日本の鉄道ではスーツケースの置き場に苦労するケースが多いように感じる。今回はヨーロッパでの体験談を交えつつ、車内の荷物置場について考えてみたい。

3辺の合計が160cm超、250cm以内の荷物は要注意

JR東海、JR西日本、JR九州は東海道・山陽・九州新幹線で、一定以上の荷物を対象に特大荷物置場の設置と事前予約制を導入する。今回の発表で定義された「一定以上の荷物」とは3辺の合計が160cm超、250cm以内の荷物を指す。160cm超、250cm以内の荷物はおおむね国際線航空機における有料荷物預入荷物のサイズに該当する。なお以前から3辺の合計が250cmを超える荷物は持ち込めない。

特大荷物置場は「荷物スペース」と「荷物コーナー」の2種類を設ける予定。「荷物スペース」は客室内の最後部座席後方にあるスペースを利用し、2020年5月中旬に導入する。一方、「荷物コーナー」は車内デッキ部にある一部の洗面所などを整備して新設する。盗難防止のため二重ロック方式を採用するとのこと。整備が完了する2023年度から導入する。

特大荷物置場を利用する場合は特定の指定席(特大荷物置場つき座席)とセットで事前予約するが追加料金は不要だ。ただし事前予約がない場合は、1000円の手数料がかかる。なお3辺が160cm以内の荷物は座席上部の荷物棚に収納できる。

外国人観光客対応やセキュリティ面で不安も

ヨーロッパやロシアを走る優等列車の車端部には荷物置場が設置されていることが多い。筆者もバックパックやスーツケースを荷物置場に置くことが多い。荷物置場の利用は事前予約制ではなく誰でも利用できる。ただし、セキュリティ面からファスナーには南京錠を使い、ワイヤーロックをバックパックやスーツケースにかけるようにしている。

このような荷物置場になじんでいる外国人観光客が今回の事前予約制に混乱なく対応できるとは思えない。また2020年5月に導入される「荷物スペース」は出入口に近いため席を離れた際のセキュリティ面も個人的には気になる。「荷物スペース」には二重ロック方式は採用されないようなので、何かしらの自衛策は必要かもしれない。外国人観光客やセキュリティに配慮した荷物置場が早急に設置されることを一利用者として望みたい。

(フリーライター 新田浩之)