口と耳が喜ぶ豪華なジャズナイトを ザ・ペニンシュラ東京×ブルーノート東京

口と耳が喜ぶ豪華なジャズナイトを ザ・ペニンシュラ東京×ブルーノート東京

口と耳が喜ぶ豪華なジャズナイトを ザ・ペニンシュラ東京×ブルーノート東京の画像

ザ・ペニンシュラ東京(東京都千代田区)は、最上階・24階のステーキ&グリル「Peter」で一流ジャズアーティストのライブを見ながら食事できる「Peter ジャズナイト supported by ブルーノート東京」を、2019年11月1日と12月18日に開催する。

各2部制で、第1部の18時〜20時は「Peter」のステーキ&グリル料理の4品コースとドンペリニヨンのフリーフローを、第2部の20時30分〜22時30分はドンペリニヨンを含むドリンクのフリーフローとカナッペが提供される。イベントに先立ち、9月11日に行われたメディアプレビューに足を運んだ。

少し飲むだけですぐさま注がれるドンペリ

専用エレベーターを使ってPeterに到着すると、日比谷の美しい夜景を見下ろせる窓際席へ通された。まずガラスの皿に乗ってきたキャビアのアミューズをいただきながら、ドンペリで乾杯。ドンペリは少し飲むとホテルマンがさっと来て注いでくれるので、常に満たされたグラスを横目にジャズの生演奏を楽しめる。

メインディッシュの和牛ステーキをはじめとする料理の数々も程よいタイミングとボリュームで提供され、味も申し分なかった。少しリッチな大人のデートや特別なお祝いの席にうってつけだ。

なお、登場するアーティストは、11月1日がブラジル・サンパウロの母娘が率いるジャズカルテット「ダニ&デボラ・グルジェル・クアルテート」、12 月18日がトランペット&ヴォーカルの貴公子こと、ティル・ブレナーだ。料金は第1部が2万9000円、第2部が1万6000円(ともに税・サービス料別)。