怪しげだけど華やか ディズニーリゾート「ハロウィーン」今だけの楽しみ方

怪しげだけど華やか ディズニーリゾート「ハロウィーン」今だけの楽しみ方

怪しげだけど華やか ディズニーリゾート「ハロウィーン」今だけの楽しみ方の画像

東京ディズニーリゾートで恒例のスペシャルイベント「ディズニー・ハロウィーン」が始まった。東京ディズニーランド(TDL)は昨年につづき「ゴースト流の東京ディズニーランド」がテーマ。一方、東京ディズニーシー(TDS)は「ダークで怪しいハロウィーン」と、テーマを一新しての開催となる。それぞれのエンターテインメント・プログラムを紹介する。

ディズニーシー初「フェスティバル・オブ・ミスティーク」

今年のTDSのハロウィーンは、「ダークで妖しい」とのコンセプトに合わせ、パークが全体的に濃い紫色に彩られていて、華やかながらもミステリアスな雰囲気を漂わせている。

見どころは、今年が初開催となるエンターテインメント・プログラム「フェスティバル・オブ・ミスティーク」だ。メディテレーニアンハーバーに軽快な音楽が流れ、ショーは幕を開ける。

美しい女性たちが現れ、歌と踊りでハロウィーンを祝っていると、ミッキーマウスとディズニーの仲間たちが5艘の船に乗って登場する。妖しくも美しい歌声に導かれ、彼らは船を降り、踊り始める。すると徐々に音楽のムードが不気味な雰囲気に変わる。突然、雷鳴が響き、炎、水柱があがるなか、おりが出現してミッキーが閉じ込められてしまう。すべて海の魔女のわなだったのだ。踊りは邪悪な魔王を復活させる儀式だと判明する。ディズニーの仲間たちは魔力に取り憑つかれて踊り続けるが、そこにミニーひとりが立ち向かう。ミッキーを救い、華やかで楽しいハロウィーンを取り戻せるのか...。公演は約25分。

まるで本物!ゲストのコスプレ

パーク内のいたるところでディズニーキャラクターになりきったゲストたちを見かけるのは、この時期ならではの光景だ。TDL、TDSともにフル仮装して入園できるのは「ディズニー・ハロウィーン」期間中だけ。自分で仮装してくるのもよし、ほかのゲストたちのコスプレを見て歩くのもよしの、特別な楽しみ方ができる。

また、TDLのワールドバザール内メインストリートでは、もはや定番となった夜の演出を実施している。期間限定ハロウィーンバージョンは、ぜひ見ておこう。

TDLは昨年に続き「スプーキーBoo!パレード」

TDLは昨年に続き「ゴースト流の東京ディズニーランド」がテーマで、エンターテインメント・プログラムは今年も「スプーキーBoo!パレード」を開催している。TDLのアトラクションやテーマランドをイメージした6つのフロートがファンタジーランドをスタートしてパレードは始まる。ミッキーは3台め、お墓だらけになったシンデレラ城のフロートに乗ってやってくる。フロートが停止すると、ゴーストのダンサーたちが登場し、掛け声とともにディズニーキャラクターたちの衣装がたちまちゴースト仕様に変化する。

ゴーストたちはゲストにも仲間入りするように誘い、ゴーストダンスを繰り返す。ポーズが決まるとフロートからゴーストが飛び出し、仲間と認められたゲストをお祝いするダンスでさらに盛り上がる。

フロートごとに異なるストーリーが展開するので、場所を変えて、何度も楽しみたい。公演は約40分。