自動運転に遠隔操作も 20周年のCEATEC、展示に見える日本社会の課題

自動運転に遠隔操作も 20周年のCEATEC、展示に見える日本社会の課題

自動運転に遠隔操作も 20周年のCEATEC、展示に見える日本社会の課題の画像

IT(情報技術)見本市として知られる「CEATEC(シーテック)」が2019年10月15日に千葉・幕張メッセで開幕するのを前に、展示の一部が10月14日に報道陣に公開された。

かつては「家電の見本市」として知られたCEATECだが、16年には、さまざまな機器がネットワークでつながるIoT(モノのインターネット)を中心にした展示にシフト。19年は、高齢化にともなう人手不足を背景に、自動運転バスや遠隔操作ロボットなどの展示が目立った。

パナソニックはブース撤退、ソニーは医療分野に特化

今回で20回目となるCEATECでは787社・団体が出展するが、新型テレビの展示が花形だったのは「今は昔」。パナソニックは初めてブースの出展を見送った一方、ソニーは13年以来6年ぶりに出展。ただ、そのテーマは「ソニーのテクノロジー × メディカル/ライフサイエンス」。手術用の映像システムや細胞分析装置など、医療分野に特化し、テレビなどの家電は扱わない。

今回のテーマは、「つながる社会、共創する未来」。20周年特別企画のひとつとして、自動運転バスの実証実験が行われる。ソフトバンクグループのSBドライブ社が所有する、仏ナビヤ社製の車両「ナビヤ・アルマ」を使用。運転席や前後の区別がなく、保安要員の2人を含めて11人が乗れる。最高速度は時速18キロで、幕張メッセ周辺の公道約1.5キロを15分ほどかけて走る。タブレット型の端末をタッチするだけでスタートし、1か所ある旧式の信号以外は、赤信号で自動的に止まったり青信号で発進したりする。会期中は1日6便運行。現地で整理券をもらえば一般の来場者も体験できる。

三菱地所は、警備ロボット「SQ-2」、AI清掃ロボット「Whiz(ウィズ)」、自動運搬ロボット「Marble(マーブル)」を展示。いずれも実際に導入したり、実証実験が進んだりしているロボットだ。ロボットが実際に活躍している様子を見せることで、今後の「街造り」の形を示したい考えだ。

便の形を自動判別・集計するトイレ

ディー・エヌ・エー(DeNA)は、AIとビッグデータで乗客をみつけやすくしたり、需給予測をして「必要なとき・必要なだけ・時間を選んで」働く「リリーフドライバー」の採用を進める「働き方解消タクシー」を提唱する。

異色なのは住宅設備大手のLIXIL(リクシル)だ。トイレで排便した際のタイミングや形、大きさを自動的に判別して集計するシステムを開発中で、CEATECではデモンストレーションが行われる。名付けて「トイレからのお便り」。これまで、高齢者施設では職員が排便記録を手動で記録していたが、実用化すれば業務の負担が大幅に軽減されることになる。

ANAホールディングス(ANA HD)は、自らの分身にあたる「アバター」を活用した構想を提唱。新たに開発した「newme(ニューミー)」と呼ばれるアバターも発表した。このアバターに離れた場所からログインして操作し、将来的には自宅からショッピングを楽しんだり、入院中に水族館を見学したり、といった可能性を想定する。

会期は10月18日までで、4日間で16万人の来場を見込む。

(J-CASTニュース編集部 工藤博司)