優れた産品を食のプロが発掘 今年で11回目「フード・アクション・ニッポンアワード」

優れた産品を食のプロが発掘 今年で11回目「フード・アクション・ニッポンアワード」

優れた産品を食のプロが発掘 今年で11回目「フード・アクション・ニッポンアワード」の画像

日本全国の優れた産品を食のプロが発掘するコンテスト「フード・アクション・ニッポンアワード2019」が、東京・文京区の東京ドームシティ・プリズムホールで2019年10月17日に開催された。今年で11回目になる。

今回のテーマは「日本の産品と出会い、"あなたの逸品"を発見しよう」。全国の農林水産物の生産者・食品製造業者・加工事業者等を対象に、穀物類や野菜、調味料・加工食品・中食 (弁当・総菜)・飲料など5カテゴリーから産品を募った結果1491件の応募があり、その中から「入賞」100産品、「受賞」10産品が選ばれた。

「受賞」はグルテンフリーの「ヴィーガンラー油」など10産品

10月17日の最終審査会では「入賞」100産品を、最終審査企業10社のトップが試食し、「受賞」10産品を決定した。これらは表彰されるだけでなく、審査・選定した企業が得意とする販路を通じて販売される。選定企業と、産品事業者・産品名は以下の通りだ。

・アマゾンジャパン/グルテンフリーティーズキッチン「グルテンフリーヴィーガンラー油」
・イオンリテール/宮城学院女子大学(連名:水野水産)「伝承牡丹焼『鯖ちくわ』」
・イトーヨーカ堂/SUNAO製薬「九州ドライベジ」
・オンワード樫山/ロイヤル(連名:創作洋菓子のロイヤル)「ブランデーケーキ(スタンダード)」
・紀ノ國屋/竹内商店「土佐のぶしみそ」
・トランジット ジェネラルオフィス/カタシマ (連名:やぶパートナーズ)「朝倉山椒タプナードVERT」
・阪急阪神百貨店/開屋本舗「coco-vege わたしにやさしいチップス (国産お野菜+ココナッツオイル) 」
・フォーシーズ/ナチュラルファームタニグチ「タカノプリンセス」
・星野リゾート/田島柑橘園&加工所 AJIOH「食べるより美味しい冷凍ジュース クレメンティン」
・ローソン/仁井田本家「こうじチョコ」

「特別賞」5産品も表彰

発表資料によると、過去には「受賞」10産品に選ばれたことをきっかけにAmazon(アマゾン)などで早期完売した産品もある。そのアマゾンジャパンが今回選んだのは、日本初の「グルテンフリー ヴィーガンラー油」。 独自の配合でうまみを最大限引き出している、具だくさん万能ソースだ。同社消費財事業本部統轄事業本部・バイスプレジデント前田宏氏は選定理由について、

「最初に試食した時からダイバーシティの香りがした。来年に向けて、食の多様性に注目している。海外進出したいという心意気もうかがい、弊社のプラットフォームで支援したいと思いました」

とコメントしている。

そのほか「特別賞」として5産品が表彰された。コンテスト前の10月1日〜10日、東京・渋谷区の「野菜がおいしいカフェ LONGING HOUSE神宮前・原宿」で行われた、入賞100産品を食べられるイベント「フード・アクション・ニッポン食堂」で消費者に投票を募った結果、得票数が多かったものだ。産品事業者・産品名は以下の通り。

・栗駒フーズ「栗駒高原竹炭ヨーグルト」
・今井ファーム「プレミアム淡路島たまねぎかくし玉擦りおろしドレッシング」
・森山「湯庵プリン(プレーンはちみつとみのり)」
・すが野「すが野の国産たたきごぼう」
・企画:広尾地サイダー企画委員会/販売者:橘産業「広尾しおサイダー」