トヨタが手がけた「ダイハツ・コペン」のスポーツモデル 異色の挑戦の背景は

『コペンGRスポーツ』でトヨタが異色の挑戦 ダイハツ車にGRブランドを冠して販売

記事まとめ

  • 『コペンGRスポーツ』はダイハツのコペンをベースに、トヨタのGRを冠したクルマである
  • TMSでも人気だったこの車は、ダイハツ車をトヨタがGRブランドで発売する初のケース
  • Sグレードのコペンと比べると、スポーツ性を保ちつつ乗り心地の面でも改善されている

トヨタが手がけた「ダイハツ・コペン」のスポーツモデル 異色の挑戦の背景は

トヨタが手がけた「ダイハツ・コペン」のスポーツモデル 異色の挑戦の背景は

トヨタが手がけた「ダイハツ・コペン」のスポーツモデル 異色の挑戦の背景はの画像

トヨタ自動車が子会社のダイハツ工業の軽スポーツカー「コペン」をベースに、トヨタのスポーツブランドである「GR(ガズー・レーシング)」を冠した「コペンGRスポーツ」を発売した。ダイハツのクルマをトヨタが「GR」ブランドで発売する初めてのケースだ。

2019年11月4日まで開かれた東京モーターショーにも出品され、人気を呼んだ。

双方の開発課題がかみ合った

トヨタはこれまで自社の市販車のスポーツチューンモデルを「GR」ブランドで販売してきた。スープラ、86(ハチロク)、プリウス、アクア、ヴィッツなどに「GR」モデルが存在し、モータースポーツ参戦からフィードバックした最新の技術を投入してきた。

ところが子会社とはいえ、ダイハツ車にGRブランドを冠し、名称もダイハツの「コペン」のまま流用するのはトヨタとして初めてだ。例えば、トヨタにはSUBARU(スバル)と共同開発したスポーツカー「86」があるが、姉妹車の「スバルBRZ」とは明確に区別している。86にGRモデルは存在するが、BRZにGRモデルなどありえない。スバルには「STI」という専用のスポーツブランドがあるからだ。

これに対して、今回はトヨタとダイハツが同じ「コペンGRスポーツ」をそれぞれ自社で販売することになった。正確には「ダイハツコペンGRスポーツ」だけでなく、「トヨタコペンGRスポーツ」が存在するということになる。

ダイハツによると、2014年に発売した現行の2代目コペンをめぐっては「発売から5年がたち、次の一手を打つ必要があった」という。このためコペンのオーナーイベントに参加した顧客にアンケートしたところ、オーナーから「さらに走行性能に磨きをかけてほしい」という要望が出た。具体的には「操縦安定性や、これまでのコペンにはないスポーツ性を突き詰めてほしい」という声が多かったという。

同じころトヨタも「自社のラインアップにない軽の2シーター・オープンスポーツ」であるコペンに注目しており、「GRブランドのバリエーションを充実させたい」という思いから「両社のスポーツモデル開発をめぐる課題がうまく合致した」という。

気軽にスポーツドライブ楽しめるモデルに

実際にダイハツで商品企画に携わったコーポレート本部商品企画室の相原泰祐さんは「メーカーの垣根を越えて、TOYOTA GAZOO Racingのモータースポーツで培ってきた知見の共有を通じて、アイデアを出し合いながらダイハツが商品化したクルマ、それが『COPEN GR SPORT』」と語る(公式サイトより)。

実際の走りはどうなのか。コペンGRスポーツは専用チューニングのサスペンションや電動パワーステアリングのほか、ボディー補強を行って車両の剛性を高めている。

コペンにはサーキット走行にも耐えうるサスペンションをもった「Sグレード」というスポーツモデルがあるが、GRスポーツはスポーツ性を保ちつつ、乗り心地の面でも改善を図ったという。

トヨタはコペンGRスポーツについて「コペンとGRが理想とする走りの味を融合させた。路面や車体の挙動をダイレクトに感じられ、スポーツカーらしいハードな走りが楽しめる」とコメント。「気軽にスポーツドライブを楽しめるGRのエントリーモデル」に仕上げたという。

コペンGRスポーツは限定販売ではなく、通常販売のカタログモデルとなる。5速マニュアルミッションで243万5000円と、専用チューニングの内容からすると決して高くない。トヨタとダイハツを通じ、軽の専用チューンのスポーツカーが「若者のクルマ離れ」などと言われて久しい日本市場でどれだけ受け入れられるか注目される。

東京モーターショーではコペンGRスポーツのほかにも、スバルの「WRX STI EJ20 ファイナルエディション」「新型レヴォーグ」、ホンダの「新型フィット」「新型アコード」など市販もしくは近日中に市販のモデルが出品され、注目された。