つわり酷いのに...年始に義理の家族が来る 「寝室に義父が」妊婦怒りの暴露話

つわり酷いのに...年始に義理の家族が来る 「寝室に義父が」妊婦怒りの暴露話

つわり酷いのに...年始に義理の家族が来る 「寝室に義父が」妊婦怒りの暴露話の画像

2019年も残すところあとわずかだ。年末年始にかけ、家族が集合して楽しい時を過ごす家も多いだろう。一方、「義理の家族と顔を合わせるのは避けたい」と悩む人もいるようだ。

女性向けウェブ掲示板「ガールズちゃんねる」に「妊娠中に義理の家族が家に来ることについて」というトピックが2019年12月26日に立った。妊娠9週目の妊婦からの相談だ。年明けに義理の家族が家にやってくることを悩んでおり、相手を傷つけない上手な断り方を募集している。

正直に断る、嘘を吐く、大晦日から入院

「年明けに泊まりで義実家に行く予定でしたが、妊娠が発覚、つわりがひどいので行かないことになりました。(主人だけ年末に数日帰省します) 少し日が空いて主人に電話が入り、(中略)家族でおせちなど持ってうちに行くと言っています。あと参拝やお出かけもしたいと言っているようです。外に何時間も出(ら)れる元気もありませんし、申し訳ないですが必要以上に気を使うのが憂鬱で今から気が重くてしょうがないです」

投稿主の状況はこの通りだ。トピックは同情の声であふれ、ユーザーがさまざまな断り方を提案している。まず「自分の口から断る」派からは以下の通りだ。

「おせちだけ受け取る。あとは悪阻が重いのでお医者様から安静にと言われましたって言っちゃえ」
「熱も出てきた!風邪うつるから来ないでください!と嘘を言ってみる」
「ふんわり、やんわり断るのではなく、『つわりがキツイのでしばらくはそっとしておいて下さい』と、ハッキリ伝えた方が良いかと思います」

夫に断ってもらうのがよいとする向きもある。「旦那さんに強く断ってもらった方がいいよ」、「そのまま旦那さんに言って伝えてもらいなよ!もし無理して動いて赤ちゃんに何かあったらどうするの!?」などだ。

また衝撃的な体験談を明かし、「投稿主はこうならないように」と遠回しに諭す人もいる。

「私は、つわりで寝込んでいて動けない時に寝室にノックなしで義父がズカズカ入ってきて『◯◯さんは、寝てていいよー。赤ちゃん楽しみだねー』と、話しかけられました。本当に異常」
「私も、妊娠中に義両親と義兄一家が墓参りのついでって押しかけてきて参った。急な話で断りきれなかった。結局しんどくて寝室で休ませてもらってたよ」
「私も、似たような事があって、料理したり働かされるから赤ちゃんが心配って先生に相談したら、少し血圧高いからお正月空いてるし入院したらって(言われて)大晦日から入院して、義両親の突撃免れたよ」

「寝てていいよ」と言われた結果

なお、ごく一部だが妊娠中に義理の家族に助けられたと書き込む人もいる。

「私も同じこと経験したけど、事前に『つわりが酷くてご迷惑おかけしてしまうと思います...』って連絡したよ。そしたら『寝てていいよ!』って言って来てくれて、何でもやってくれて、本当に私は寝て過ごした。義母が優しい人(本音はどうなのか知らないけど)だから良かった」

いずれにしても、母子の健康を第一に考えることが先決だ。