ジャンポケ太田・近藤千尋夫妻「自分らしい子育て」語る P&Gが子育て応援プロジェクト

ジャンポケ太田・近藤千尋夫妻「自分らしい子育て」語る P&Gが子育て応援プロジェクト

ジャンポケ太田・近藤千尋夫妻「自分らしい子育て」語る P&Gが子育て応援プロジェクトの画像

プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン(兵庫県神戸市、以下P&G)が手掛ける乳幼児用紙おむつブランド「パンパース」は、全国の母親と父親の子育てを応援するプロジェクト「『あなたらしい子育てが、いちばん。』プロジェクト」を立ち上げた。

2020年1月21日、東京都内で同プロジェクトのメディア向け発表会が行われた。お笑いトリオ「ジャングルポケット」の太田博久さん・モデルの近藤千尋さん夫妻らが登壇した。

まず「道の駅」におむつ交換台設置を進める

「『あなたらしい子育てが、いちばん。』プロジェクト」では、育児における多様性を広げ、一人ひとりが自分らしく子育てできる環境の整備を目指す。第一弾は「赤ちゃんとのおでかけ応援」と題して、おむつ交換台やベビーケアルームなどを日本全国の公共施設に設置し、赤ちゃんとの外出をサポートしていくと発表した。

P&Gは、0歳から3歳児の親1000人を対象に、外出先での育児を意味する「家ソト育児」に関する調査を行った。結果を説明した同社ベビーケアアソシエイトブランドディレクターの瀬戸温夫さんは、育児中の父母から「そもそも外出時におむつ交換ができる場所が少ない」、「おむつ交換が不安で子どもとの外出が制限された」、「公共施設におむつ台を設置してほしい」といった声が多く挙がっていると指摘。そこで、まず全国の「道の駅」で誰でも使えるおむつ交換台の設置をしていく、と説明した。

一般社団法人全国道の駅連絡会理事の阿部悟さんは、現在全国1160か所にある道の駅で、2025年までに50%のベビーコーナーやおむつ交換台の設置を目指すと話した。1月21日には、群馬県の道の駅「川場田園プラザ」と茨城県道の駅「みわ」に設置し、今後も順次増やしていくという。

子育ては「2人で育てる」意識で

トークショーに登場した、ジャングルポケットの太田博久さん、モデルの近藤千尋さん夫妻。2019年10月末には、第二子となる女児が誕生した。司会者から普段の子育てを問われた太田さんは、

「仕事を制限なくやらせてもらっているので子育てに関わる時間は(近藤さんに比べて)少ないのですが、家にいる間は母乳以外は全部やろうかな、と。2人の間の子どもなので、子育てを『手伝う』のではなく『2人で育てる』という意識をもってやっています」

と、良きパパぶりを見せた。

近藤さんは「(太田さんとは)何事も半々で出来ているなと思いますね。子育てもそうだし、生活費も」と話し、会場からは笑いが起こった。

最後に2人は、「自分らしい子育て」について、それぞれフリップに書いて発表した。

太田さんは、「体当たり育児」。

「トライアンドエラーで何でもやってみる。いろんな所へ行って、(外出時の子育てにおいて)足りない部分や必要に感じることを発信していく立場になれたらいいなと思います」

一方の近藤さんは、「周りに頼って心に余裕を」とした。産後2か月ほどで仕事に復帰し、負担なく育児が出来ているのは周囲の人たちに頼っているからだという。「甘えられるところは甘えて、その人が困っている時には自分たちが助ける」と、周囲と助け合いながらの子育ての様子を語った。