北島康介が思わず「超気持ちよかった」 日本コカ・コーラ聖火リレーPRイベント

北島康介が思わず「超気持ちよかった」 日本コカ・コーラ聖火リレーPRイベント

北島康介が思わず「超気持ちよかった」 日本コカ・コーラ聖火リレーPRイベントの画像

121日間をかけて全国47都道府県を巡る2020年東京五輪の聖火リレーが、2020年3月26日にスタートする。そのPRイベントを、日本コカ・コーラが20年2月12日に行った。同社は、「東京2020オリンピック聖火リレー」のプレゼンティングパートナーだ。

会場となった東京・六本木ヒルズアリーナには、同社チーフ・オリンピック担当・オフィサーで元競泳選手の北島康介さんが登場。聖火リレー本番で、ランナーの伴走車として使用されるオリジナル車両が披露されたほか、日本全国7都市から集った一般聖火ランナー7人が登壇し意気込みを語った。

聖火リレーの伴走車3台、コンボイ車両に「格好いい」

イベント冒頭、自らが熱心に取り組んで周囲に喜んでもらったエピソードをMCから聞かれた北島さんは「五輪で結果を残したこと」と、"水泳一色"だった現役時代を振り返った。また、来る2020東京五輪を踏まえて次のように語り、

「今年は色々な選手が僕と同じ気持ちを味わってくれるのかな...『超気持ちよかった』」

とニヤリ。2004年、アテネ五輪男子平泳ぎ100mで優勝した際に発した名言だ。北島さんは続けて「待ってましたよね?(笑)」と付け加え、場を沸かせた。

今回披露されたオリジナル車両は全3台。まず本物のトーチと記念写真を撮れるフォトスポットが施された牽引車が特徴の「フォトブース車両」。次に、聖火リレーが通過するまで90分ほど停車し、見晴らしのいい場所から聖火ランナーを応援できる2階建ての「特別観覧車両」。そして、沿道の観客にコカ・コーラ社の冷たい製品やマフラータオルをサンプリングする、全長約12メートルもの巨大な伴走車「コンボイ車両」だ。北島さんはコンボイ車両の除幕を行い、自身のすぐ背後に現れた一台に「格好いい」と目を輝かせていた。

99歳ランナー「人生二度目」の東京五輪

イベントの終盤に、7人の一般聖火ランナーがステージに上がった。伝統工芸による地方創生を行う職人、「アスリートをサポートしたい」という夢を抱く義肢装具士、阪神・淡路大震災と東日本大震災の両方を経験したラジオパーソナリティーなど、年齢も職種もさまざまだ。

最年長は今年100歳を迎える矢崎文彦さん。NPO法人「東京葛飾バイコロジー推進協議会」の会長として、環境に優しく心身にも良いサイクリングの普及と正しい自転車利用の啓発活動を行っている。1964年の東京五輪では自社工場でマラソン競技に使う柵を作って、納品したと明かした。そして、

「いまも自転車に乗っています。おかげさまでまだ足腰は十分。聖火ランナーとして自転車のよさを普及したい」

と人生二度目の東京五輪に向け、気合に満ちた姿勢を見せた。北島さんは「本当にすごい。自分には人生二度目の東京五輪はあるかなあ」と感心した様子で、「けがしないように楽しんでください」と桜ゴールドのトーチを矢崎さんに手渡していた。