ファイザーワクチン12歳以上に拡大へ=米当局、週内にも決定―NY紙

米ファイザー12歳超に拡大へ

 【ニューヨーク時事】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は3日、米製薬大手ファイザー新型コロナウイルスワクチンについて、米食品医薬品局(FDA)が緊急使用許可の対象年齢を週内にも12歳以上に引き下げると報じた。当局者の話を基に伝えた。

 FDAが今週後半から来週初めにも対象年齢の引き下げを決定する見通し。現在の接種対象は16歳以上となっている。米疾病対策センター(CDC)の諮問委員会がFDA判断の翌日にも、接種対象の拡大を勧告するとみられている。

 ファイザーは3月、12〜15歳の2260人を対象に米国で実施した臨床試験(治験)で、ワクチンによるコロナ発症予防効果が100%に上ったと発表した。副反応についても、16〜25歳の治験参加者にみられたものと同程度にとどまったという。 【時事通信社】

×