日産自動車が、ゴーン被告に損害賠償を請求へ 会社の私物化が疑われるケースが発見も

記事まとめ

  • 日産自動車が、前会長カルロス・ゴーン被告に損害賠償を請求する方針であることが判明
  • 日産は同被告が関与したとされる不正の全容を解明した上で、民事上の責任を問う構えだ
  • 同被告は過去に、約8億円以上に達するレバノンの自宅改修費用なども日産に支払わせた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております