エアソウルも一部運休=「関係悪化」で熊本、山口宇部線

エアソウルも日本便一部運休

 韓国の格安航空会社(LCC)エアソウルが韓国・仁川空港と、熊本、山口宇部空港をそれぞれ結ぶ定期便を運休することが13日、分かった。熊本、山口両県が同日、10月下旬の冬ダイヤから運休するとの連絡を受けた。

 熊本県によると、エアソウルは運休の理由を「日韓関係の厳しい状況が続き、予約状況の改善が見られない」と説明。山口県も「日韓関係が急速に予測不可能な状況に陥り、路線のさらなる利用率下落や収益悪化が予想されるため」との説明を受けたという。 【時事通信社】