ビザ発給停止、米に懸念表明=例外措置導入を―中西経団連会長

ビザ発給停止、米に懸念表明=例外措置導入を―中西経団連会長

米就労ビザ停止に経団連懸念

ビザ発給停止、米に懸念表明=例外措置導入を―中西経団連会長

記者会見する経団連の中西宏明会長=24日午後、東京都千代田区

 経団連の中西宏明会長は24日の記者会見で、トランプ米大統領が一部の就労ビザ(査証)の発給を今年末まで停止すると発表したことについて「強く改善を申し入れている」と懸念を表明した。「米国経済のマイナスになる側面があるとアピールしていく」と強調し、例外措置の導入といった対策を講じるよう日米両政府に働き掛けていくという。

 トランプ氏は秋の大統領選もにらみ、米国人の雇用回復を優先するため、企業駐在員向けビザなどの発給を停止すると表明。日本を含む外国企業への影響が懸念されている。

 中西氏はこうした措置に関して「選挙対策(の面)が強い」と指摘。「買収した企業の新たな経営陣が入国拒否されたら経営ができなくなる」などと主張した。 【時事通信社】