SBI証、顧客資金1億円流出=ゆうちょ、三菱UFJ銀の偽口座に

SBI証 顧客資金1億円が流出

 インターネット証券最大手のSBI証券は16日、顧客の6口座から計9864万円が流出したと発表した。顧客のログインパスワードなどを取得した第三者が有価証券を売却して現金化。不正に開設したゆうちょ銀行と三菱UFJ銀行の口座に送金していた。

 SBIは被害を全額補償するとともに、捜査当局などと連携して対応するとしている。

 SBIによると、今年7月から9月初旬にかけて、第三者が顧客の口座に不正アクセス。ゆうちょ銀と三菱UFJ銀に開設した六つの偽口座に送金した。大半は既に引き出されていたという。

 ゆうちょ銀には5口座が開設され、9229万円が送金。偽口座は偽造書類を使って開設されていた。9月7日に顧客から「身に覚えのない取引があった」との連絡があり、発覚した。

 SBIは不正アクセスに対する24時間体制の監視を強化。1回限り有効な「ワンタイムパスワード」を発行するなど本人確認手続きの厳格化を検討する。 【時事通信社】