うるる 「空き家手帳web版」をリリース 専門家とのマッチング図る

 クラウドソーシング事業などを手掛ける株式会社うるる(東京都中央区、星知也代表取締役)は9月6日、空き家所有者に必要な情報を届け、各分野の専門家との最適なマッチングを支援する「空き家手帳web版」の提供を開始した。

 同社は今年1月から、全国32万人のクラウドワーカーが収集する空き家情報を事業者向けに提供する「空き家活用ポータル」を運営している。空き家所有者に対して空き家のリスクなどを認識してもらい、事業者や専門家との交流を促す目的で今回のサービスを開始した。

関連記事(外部サイト)