賃貸住宅の空室内覧をスマートロックで 東急住宅リースなど3社が実証実験


 東急住宅リースとイッツ・コミュニケーションズ、コネクティッド・デザインの東急グループ3社は9月20日から、賃貸住宅の空室内覧時におけるスマートロック(電子錠)による遠隔開閉や時限鍵などによる開閉の実証実験を始める。

 横浜市青葉区にある東急住宅リース管理の賃貸住宅の一室にイッツコムが提供するIoTサービス機器の1つであるスマートロックを設置し、コネクティッド・デザインが開発したシステムを用いて行う。内覧希望の顧客がいた場合、東急住宅リースが遠隔からスマートロックで部屋の鍵を開閉。顧客には、内覧予約時間と連動した時限式の鍵の試行操作などの動作検証を行う。

関連記事(外部サイト)