国交省 16年地価調査 下落幅は縮小傾向、商業地は横ばいに

 国土交通省はこのほど、16年都道府県地価調査(基準地価、7月1日時点)をまとめた。地価は全国平均で下落基調が続くなか、下落幅は縮小傾向が続いている。商業地は9年ぶりに横ばいに転じた。また三大都市圏の住宅地では、前年並みの小幅な上昇を示すなか、名古屋圏では上昇基調の鈍化が見られる。

関連記事(外部サイト)