「振り込め詐欺被害防止アドバイザー」受嘱 大京アステージ

 大京グループでマンション管理事業を手掛ける大京アステージは10月5日、警視庁から同社管理員や社員など2100人が「振り込め詐欺被害防止アドバイザー」を受嘱したと発表した。
 振り込め詐欺被害を防止するため、注意喚起などを行う同アドバイザーは、金融業や保険業の社員など約2万1000人が受嘱しているが、マンション業界では今回が初の受嘱となる。
 今回受嘱したのは、同社で都内の全管理物件に勤務する管理員と本社社員など。研修を受けた後、担当するマンションで居住者への声掛け、情報提供、注意喚起などの啓発活動を行う。

関連記事(外部サイト)