外国籍顧客向け不動産担保ローンを開始 ハウスドゥ

 ハウスドゥの100%出資子会社であるフィナンシャルドゥはこのほど、非居住や永住権を持たない外国籍の顧客に対して不動産担保ローンのサービス提供を始めた。
 同社では、20年の東京五輪・パラリンピック開催の経済効果による価値向上が期待され、外国籍の人の不動産購入に制限がない日本に対するニーズは今後さらに高まるとして、国内の不動産投資に対するインバウンド需要への対応に積極的に取り組んでいくとしている。

関連記事(外部サイト)