長谷工 独自の「ALC金物無溶接工法」を開発

 長谷工コーポレーションは、マンションの共用廊下やバルコニーに面する外壁にALCパネルを採用する際、溶接工事を必要としないオリジナルの「ALC金物無溶接工法」を開発した。特許を出願中。現在、同社が近畿圏で設計施工する15階建て程度までのマンションに標準採用しているが、首都圏でも随時採用を増やす意向。

関連記事(外部サイト)