「うちナビ」が破産

 東京商工リサーチによると、不動産賃貸仲介業を行う「うちナビ」(東京都渋谷区・角南圭社長)は10月12日、東京地裁から破産開始の決定を受けた。負債総額は推定で8億円。
 うちナビは、95年11月に設立。人気タレントを起用したCMなどで業績の拡大を図り、16年3月期の売上高は約9億6500万円まで拡大。一方で、長時間労働により、元社員が会社を訴える騒ぎなど起こしていた。今年8月頃から角南社長と連絡がつきにくくなったようで、関係者の間で動揺が拡大。同社取締役が会社の清算を図るため、東京地裁に破産を申請した。

関連記事(外部サイト)