中古ビルをホステルに サンフロンティア不動産、子会社設立

 訪日外国人旅行者が増加する中、サンフロンティア不動産は、都心の中古ビルをホステルに用途変更する事業を始める。このほど、インバウンド向けの宿泊施設の企画・運営事業を行う子会社「サンフロンティアコミュニティアレンジメント」を設立した。
 同社の主力は、収益性の落ちた都心の中小オフィスビルを買い取り、リノベーションした上でテナントを付けて投資家に販売する事業。その後の管理も請け負う。これまで再生後の用途はオフィスが中心だったが、今後は立地に応じてそれをホステルやゲストハウス、サービスアパートメントにも転換していく。資産家や富裕層に提供する投資商品の種類も広がることになる。

関連記事(外部サイト)