首都圏マンション供給、10カ月ぶり増加も平均水準

 不動産経済研究所の調査によると、9月に首都圏で販売された新築分譲マンションは3424戸で前年を40.9%上回った。前年を上回るのは10カ月ぶりのことだが、前年が極端に低い数字だったことも影響している。例年で見ると、9月としては平均的な数字となった。

関連記事(外部サイト)