頭金20%で割安金利に ARUHIの住宅ローン「フラット35」

 長期固定型住宅ローン「フラット35」などを提供するARUHIは、住宅の建築費または購入価額の20%以上を手持ち金(頭金)として用意した顧客に対し、従来のフラット35よりも金利を下げた「ARUHIスーパーフラット」の提供を開始している。
 10月の金利は、フラット35が1.06%であるのに対し、ARUHIスーパーフラットは0.96%。0.1%金利を下げている。金利の下げ幅は月によって異なるが、フラット35よりも割安金利で提供していく。

関連記事(外部サイト)