大山火祭薪能、見どころ解説 講座に市民ら60人

大山火祭薪能、見どころ解説 講座に市民ら60人

能面など能の衣装を身につけた講座の参加者(右)=伊勢原市の大山公民館

 5、6の両日、伊勢原市大山の大山阿夫利神社社務局で開かれる「大山火祭薪能」の魅力をPRする講座が9月30日、同市大山の大山公民館で開かれた。

 市民ら約60人が参加し、今回の薪能に出演する観世流シテ方の能楽師・松木千俊さんや同神社権禰宜(ごんねぎ)の目黒久仁彦さんが講師を務めた。

 松木さんは参加者に能面を着けさせたり、豪華な衣装を着させたりして、能の歴史や見どころについて解説。「能は鎮魂。能面は能楽師が付けた瞬間から命が宿る」と話した。