桜木町駅前にKDDI直営店オープン

桜木町駅前にKDDI直営店オープン

通路から見えるauのロゴは1カ所。だれもが気軽に来店できるレイアウトを取り入れた =横浜市中区

 KDDI(au)は6日、通信と金融など、生活に根差したサービスを広く提供する「auみなとみらい」(横浜市中区)を、桜木町駅前の複合商業施設「Colette・Mare」1階にオープンした。従来のスマートフォン、携帯電話などの通信サービスのほか、「じぶん銀行」の口座開設や「auのほけん・ローン」の案内などを幅広く行う中規模直営店で、全国3店舗目、神奈川県内では初出店だ。

 看板は控えめで、auショップと分からない同店。新規の顧客開拓につなげるため、気軽に来店できる環境をつくった。入り口付近の木製ラックや陳列台にはモバイルアクセサリーや文具雑貨が並び、雑貨店のような雰囲気。白を基調にした通信機器コーナーは、手に取りやすい配置と奥行き感が出るレイアウトにした。

 店舗中央部のテーブルには、映像配信サービス「ビデオパス」や電子書籍サービス「ブックパス」が体感できるコーナーを設置。携帯電話などの申し込み・契約カウンターは、店舗の一番奥に設けた。

 同社がこれまでと違う店舗づくりを進める背景には、急速に普及した通信市場に今後大きな変化を望めない状況があるという。買い替え時期のみにしか接点がない既存顧客に対し、同社が持つ多くのサービスを利用してもらうことで、顧客満足度を向上させる狙いがある。

 同店は、テストマーケティングの場としても位置付けられている。同社コンシューマチャネル戦略部長の齋藤裕弘さんは「商材、店舗レイアウト、接客のタイミング、客の動線などを分析し、これからの店舗展開に生かしていきたい」と話している。