ANAマイレージクラブ会員限定「ANAの保険」提供開始--業界初の全会員が対象

ANAマイレージクラブ会員限定「ANAの保険」提供開始--業界初の全会員が対象

画像提供:マイナビニュース

ANAは5月22日、三井住友海上火災保険との協業により、ANAマイレージクラブ会員限定の「ANAの保険」の展開を開始した。クレジットカード会員に限定しない航空マイレージプログラムの会員組織を対象とした保険は、業界初となる。

展開するのは、病気・ケガでの入院や手術への補償に加え、先進医療にも備えることができる「ANA明日へのつばさ 医療保険」と、上皮内新生物を含むがんでの入院や手術、放射線治療等への幅広い補償を備えた「ANA明日へのつばさ がん保険」の2つ。煩雑な保険申し込みの手続きを簡便化するため、インターネットにより最短5分で簡単に申し込みができる設定となっており、2つの簡単な健康告知だけで申し込みができ、医師の診断書も不要となる。

「ANA明日へのつばさ 医療保険」は、日帰り入院・手術も補償対象で、放射線治療・先進医療の費用も補償する。具体的に、疾病入院保険金5,000円・先進医療費用保険金1,000万円・疾病退院一時保険金10万円に30歳で加入した場合、月々1,180円となる。

「ANA明日へのつばさ がん保険」は、ガンと診断された時と退院した時に一時金を支払い、通院に対しても保険金が支払われる。具体的に、がん診断保険金50万円・がん入院保険金5,000円・がん通院保険金2,500円・がん退院一時保険金5万円に30歳で加入した場合、月々350円となる。

関連記事(外部サイト)