「赤坂インターシティ AIR」9/29開業--4つの商業エリアに13店舗が出店

「赤坂インターシティ AIR」9/29開業--4つの商業エリアに13店舗が出店

画像提供:マイナビニュース

新日鉄興和不動産は5月23日、同社が事業協力者及び参加組合員として参画する大規模複合ビルディング「赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業」(施設名称「赤坂インターシティ AIR」)商業ゾーンの開業日が9月29日に決定したことを発表。商業ゾーンは4つのエリアで構成され、レストラン・カフェが計13店舗オープンする。

「赤坂インターシティ AIR」が誕生する赤坂一丁目地区は、各国大使館や外資系企業が集積し海外の様々な文化が交差する、東京でも有数の国際色豊かな地域。"誰もが住みやすく働きやすい、居心地の良い街づくり"をコンセプトとし、オフィス・商業・医療・住宅の4つの顔を併せ持つ施設となる。高さ約200mのタワー棟を六本木通り側に寄せ、敷地の中心には緑量を感じる庭を配置する。

地域最大級となる緑化率50%以上5,000平方メートルを超える緑地を保有する施設内では、緑あふれる空間の中で、季節や自然を感じながらゆったりとした時間を過ごすことができる。同施設は東西南北に開かれており、商業ゾーンは地域に向けた顔づくりを演出。趣向の異なる4つのエリアには、それぞれのエリアの特徴を際立たせるレストランが店を構える。

商業ゾーンのテーマは「High Quality Mixed Use "誇り"と"愛着"の創造」。エリア1として、季節を肌で感じる、緑の中のレストラン・カフェ桜並木や水景、四季の変化を感じられる丘を通る散策路などランドスケープの中に、自然に囲まれた3棟の別棟からなるレストラン・カフェをオープン。ローマにおいて100年以上の歴史を持つロースター「bondolfi boncaffe(ボンドルフィボンカフェ)」の新業態や、南青山「CITYSHOP」のクリエイティブディレクター、吉井雄一氏がオーナーを務める人気デリカテッセン「PARIYA(パリヤ)」の新店舗など、計3店舗が出店する。

エリア2として、タワー棟グランドフロアのレストラン・カフェは、六本木通り沿いを行き交う人々や、溜池山王駅から訪れる人々の一日に彩りを添える計5店舗のレストラン・カフェがオープンする。クリエイティブディレクションにアーティストの舘鼻則孝(たてはなのりたか)氏を迎えた新業態「COURTESY(コーテシー)」をはじめ、ベルギービールのサービングコンテスト日本チャンピオンが注ぐ10種類のビールと、最もおいしい温度で提供するための特注設備を備えたビアパブ「ベルジアンブラッスリーコートアントワープポート」などが出店する。

エリア3としてタワー棟3階には、同施設のメインダイニング「ロウリーズ・ザ・プライムリブ 赤坂店」が入居する。かつて10余年にわたりこの地で親しまれたレストランが、装い新たに約260席の大空間を設え、ビジネスユースを意識した特別な時間を提供する。メニューは、恵比寿ガーデンプレイス店で提供している内容と同様に、骨付きアメリカンビーフを使用したプライムリブやステーキ、シーフードプラッターを用意。また、入口脇のオープンスペースに、開放的なバーの併設を予定している。

エリア4として、地下鉄連絡通路がつながるタワー棟の地下1階には、"毎日通いたくなるレストラン"をコンセプトに、4店舗がオープン。再出店の店舗として、赤坂の地に再び店を構える1949年創業の老舗やきとり屋「やきとり宮川」も登場。地域初出店として、銀座に本店のあるシンガポール発チャイニーズレストラン「パラダイスダイナシティ」の日本2号店など、近隣にはなかった新しい顔ぶれのレストランが、リーズナブルでありながらこだわりのメニューを提供する。

赤坂インターシティ AIRは、東京メトロ銀座線・南北線溜池山王駅地下通路直結で、所在地は東京都港区赤坂1-5番の一部、6、8、9 の一部。敷地面積は1万6,088.32平方メートル、延床面積は17万8,328.01平方メートル、最高高さは205.08m(TP+214.23m)。階数は地下3階/地上38階/搭屋1階dで、構造は鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造。駐車場台数は314台(自走式132台、機械式182台)となる。

関連記事(外部サイト)