エアバス、A330neoを用いたプライベートジェット「ACJ330neo」をローンチ

エアバス、A330neoを用いたプライベートジェット「ACJ330neo」をローンチ

画像提供:マイナビニュース

エアバス・コーポレート・ジェッツは現地時間の5月22日、新たなA330neoプライベート・ジェット・バージョンを発表。同機は「ACJ330neo」として展開し、欧州からオーストラリアへの直行便も可能な、25人乗り、航続距離9,400nm(1万7,400km)、飛行時間20時間となっている。

ACJ330neoの搭乗者は、世界各国の首脳や政府機関の代表団などを想定。ACJ330neoには広々としたキャビンを備え、会議やダイニングエリア、プライベートオフィス、寝室、バスルーム、ゲストシートを備えることが可能。これらの装備は、ニーズに合わせて自由にカスタマイズができる。

最新のA330には、ロールス・ロイス社製新型エンジンのトレント7000エンジンのほか、シャークレット・ウィングチップ、最大離陸重量の改良など施されており、GPSに類似したオンボードエアポートナビゲーションシステム(OANS)のオプション、滑走路オーバーラン防止システム(ROPS)などがある。さらにACJ330には、オプションとしてデュアルヘッドアップディスプレイ(HUD)にも対応する。

関連記事(外部サイト)