さくらんぼ狩りにプルプルわらび餅! 山形・蔵王温泉だからできるグルメ旅

さくらんぼ狩りにプルプルわらび餅! 山形・蔵王温泉だからできるグルメ旅

画像提供:マイナビニュース

●完熟佐藤錦が食べ放題! 幻のかき氷は待つだけの価値あり
山形を代表するグルメと言えば蕎麦だが、夏は全国屈指の生産量を誇る「さくらんぼ狩り」が主役だ。最高級品種の佐藤錦も食べ放題で、多額の交通費を掛けても毎年行きたくなる。実は「わらび餅」も絶品で、夏季限定の「かき氷」は、場所によっては最高5時間待ちになることも。そんな山形を代表する蔵王温泉で、山形を代表する夏のグルメを満喫する旅を紹介しよう。

○60分食べ放題! さくらんぼ狩りは寒河江へ

いちご狩りを始めとして、フルーツ狩りには各種あるが、どう考えても一番お得なのがさくらんぼ狩りだ。果実が小さいので無数に食べられる上に、代表的な品種の佐藤錦は「赤いダイヤ」と呼ばれ、1パック数千円もする高級品ときている。それが千円強の入園料で食べ放題なのだから、多額の交通費をかけていっても元がとれるに違いない。

さくらんぼ狩りは全国各地でできるが、佐藤錦発祥の地で全国の生産量の75%を独占する山形県が本場。同じコシヒカリでも魚沼産が珍重されるように、山形でさくらんぼ狩りをすれば、あまりのおいしさに「流石は本場」と感激するに違いない。

中でもオススメなのが寒河江市。さくらんぼ狩りの食べ放題は30分程度が一般的だが、寒河江市のさくらんぼ狩りは同じ料金なのに、なんと2倍の60分だ。

寒河江市には国内最大、約300カ所ものさくらんぼ狩り農園があり、受け入れ体勢も完全に整っている。予約も、JAさがえの農園予約サイト「まるかじり さがえ」で一括と分かりやすい。市内5カ所に管理センターがあり、前後の旅行日程を考えて管理センターを選択して予約しよう。バスを利用する場合は市中心部に最も近い、石持原観光さくらんぼ管理センターが便利だ。

温室ではない露地物のさくらんぼ狩りは6月上旬から行われるが、佐藤錦が完熟するのは6月後半なので、その時期が一番のオススメ。風雨で果実が傷まないように、さくらんぼ狩り農園には屋根があるので、梅雨の時期でも快適に楽しめるのも利点である。

●information
石持原観光さくらんぼ管理センター
住所: 山形県寒河江市寒河江下原74-4
アクセス: JR左沢線「寒河江駅」から荒町南・谷地行きバスで総合支庁前下車、徒歩15分(谷地行きは山形駅からも乗車可能)

○行列覚悟で! 「幻のかき氷」は雪のような口溶け

さくらんぼ狩りは6月限定のお楽しみだが、山形で夏に絶対食べたいグルメと言えば、腰掛庵の「かき氷」。腰掛庵とは、京都の老舗が君臨する和菓子屋の世界で、京都以外で日本一と評価されているスイーツ好き注目の銘店だ。後述する「わらび餅」で知られるが、夏季限定商品が「かき氷」である。

腰掛庵のかき氷は、あまりの人気に5時間待ちになった事もあるという伝説的な商品。その上、人気過熱で本店での販売が中止に追い込まれ、"幻のかき氷"になってしまった。さらに、山寺店を開設して販売再開したものの、やはり人気過熱で販売中止に。2016年に山形県総合運動公園で復活し、ようやく人気を捌(さば)けるようになり、2017年も6月6日から9月初頭まで販売予定だ。

平日でも1時間程、週末には1時間半以上の行列で、テーマパークのように最後尾に待ち時間の目安を掲示。行列はなかなか進まず、「なぜかき氷に、こんなに時間がかかるのか」と疑問に思ってしまう。

しかし、実際に商品を口にすれば、まるでお皿の上に人工降雪機で雪を降らせたのかと思う程の、魔法のような繊細さで、これなら猛烈に時間がかかるのも仕方ないと納得してしまう。腰掛庵自家製の和風シロップも絶品で、大人気になるのも当然のおいしさだ。

腰掛庵のかき氷は、公園北側のレクリエーションクラブハウスで販売される。月曜定休で、月曜が祝日の場合は水曜が定休日。10時開店で、14時頃には氷がなくなり終了してしまうので、午前中を目指していきたい。

●information
腰掛庵 かき氷販売所
住所: 山形県天童市山王1-1
アクセス: JR山形新幹線「天童南駅」から徒歩15分

腰掛庵に来たならば、やはりわらび餅は食べて帰りたい。そんな、行列ができるわらび餅の魅力とともに、湯めぐりにもってこいの温泉・宿を紹介しよう。

●わらび餅にはきな粉をたっぷりと! 「湯めぐりこけし」は必須アイテム
○絶品わらび餅はシェアして食べたい

この腰掛庵は、その名の通り喫茶室併設の和菓子屋だったのだが、通年人気のわらび餅に加えて、夏季限定かき氷のあまりの人気で、喫茶室は休止に追い込まれ、今ではテイクアウト専門店になっている。夏季限定かき氷を先に紹介したが、開店時間が30分早いので、本店でわらび餅をテイクアウトしてから、かき氷に並ぶとちょうどいいだろう。定休日もかき氷店と同じで、月曜定休(祭日の場合は水曜)だ。

腰掛庵は、天童市街の「奥の細道」沿いという由緒正しい場所にあるが、実は比較的新しい銘店だ。元々は地元の酒蔵で出る酒粕を使用した「醸まん」という饅頭屋であった。発酵食品のため、涼しい時期限定だが、酒饅頭特有の臭みが少なく、今でも人気の商品だ。

一番人気の絶品わらび餅は、プルプルの食感がたまらない。小箱が2〜3人分、大箱が4〜5人分と書かれているが、満喫するなら大箱をふたりで食べるのがオススメ。内部もきれいに二分割されているので、ふたりで分け合って食べるのも容易だ。

●information
腰掛庵
住所: 山形県天童市北目1-6-11
アクセス: JR山形新幹線「天童駅」から徒歩20分

○無料の足湯や格安の共同湯で蔵王温泉を気軽に満喫

山形県を代表する蔵王温泉には、無料の足湯と共同浴場が3カ所ずつあり、気軽に最高の温泉を体験できる。特に3カ所の共同浴場は蔵王温泉の中心部にあり、アクセス的にも便利。中でもバスターミナルに一番近いのが、蔵王温泉 下湯共同浴場で、横にある源泉かけ流しの足湯は、24時間無料で利用できる。

●information
蔵王温泉 下湯共同浴場の足湯
住所: 山形県山形市蔵王温泉30-2
アクセス: JR山形新幹線「山形駅」からバス約40分、蔵王温泉バスターミナル下車徒歩4分

○蔵王では湯めぐりができる宿に泊まろう

蔵王温泉は、温泉が本当に素晴らしいので、できるだけ多くの宿の湯を巡って温泉入浴を体験したい。観光案内所で「湯めぐりこけし」(税込1,300円)を購入すれば、3軒の宿を日帰り入浴で湯めぐりできる。

宿泊も湯めぐりできる宿をオススメしたい。蔵王温泉を代表する老舗旅館、深山荘高見屋とおおみやには系列の宿が多く、系列内で相互に湯めぐりを楽しめる。

中でもイチオシなのが、タカミヤグループのホテル樹林。温泉街上部のスキー場にある温泉リゾートホテルで、ホテルの前は緑豊かなスキー場、裏手は宿名の通り一面の樹林帯になっている。実は林の向こうには蔵王温泉の大温泉街が広がっているのだが、雑多な景観が木々に隠され、大自然に囲まれた一軒宿のような気分になれるのも魅力的だ。

蔵王温泉は強酸性の温泉なので、一般的なコンクリートではボロボロになってしまう程、強烈な泉質だ。よって、大規模な宿でも大浴場に、木材や石材など強酸性の湯に耐える自然素材が多用され、お湯がいい上に素朴な秘湯風情も味わえる。ホテル樹林の温泉浴場も木造で、内湯からも露天風呂からも、一面の緑を眺めながらとなる。

ホテル樹林に宿泊すると、タカミヤグループの「ホテルハモンドたかみや」「たかみや瑠璃倶楽リゾート」「ホテルルーセントタカミヤ」の三軒の湯めぐりを無料で利用できる。時間があれば全部入っておきたいが、時間がない場合は、冒頭に写真を掲載した「ホテルルーセントタカミヤ」だけでも是非入っておきたい。

●information
蔵王温泉 タカミヤヴィレッジ ホテル樹林
住所: 山形県山形市蔵王温泉上ノ台814
アクセス: JR山形新幹線「山形駅」からバス約40分、蔵王温泉バスターミナルから宿泊者送迎あり

さくらんぼ狩りや、復活した幻のかき氷など、夏季限定の地元グルメや温泉を満喫する蔵王温泉の魅力、いかがだっただろうか。今回は夏季限定のグルメを中心に紹介したが、山形県では蕎麦も名物で、各地に「蕎麦街道」と呼ばれる蕎麦屋が密集したエリアもある。初日に、わらび餅を購入した上でさくらんぼ狩りをして、蔵王温泉に宿泊。翌日、チェックアウト後に、かき氷を食べた後で蕎麦屋へ向かえば、一泊二日でも山形の代表的なグルメを制覇可能だ。

○筆者プロフィール: 藤田聡
温泉研究家、オールアバウト「温泉」「紅葉スポット」ガイド。温泉旅行検定試験で2年連続日本一になり、検定協会から「温泉旅行博士」の称号を授与される。温泉地を中心に周辺観光地の取材・撮影を行い、海外旅行にも決して負けない、国内旅行の奥深い魅力をメディアで発信中。紅葉や一本桜、夜景や四季の花などの絶景スポットにも精通している。
(藤田聡)

関連記事(外部サイト)