温泉だけじゃない! 湯河原温泉でホタルの幻想世界に激安ご当地グルメな旅を

温泉だけじゃない! 湯河原温泉でホタルの幻想世界に激安ご当地グルメな旅を

画像提供:マイナビニュース

●ホタルはサツキとともに! 訳ありでもさすが老舗の名店とうなるひものたち
神奈川県・湯河原温泉は名前の通り、河原で温泉が湧く様子が万葉集に唯一歌われた、日本屈指の歴史と伝統を誇る温泉地。奥湯河原地区を中心に、高級宿が多いのも特徴だ。敷居が高く見える温泉地だが、箱根と伊豆の中間に位置して交通至便な割には、気軽に泊まれる宿泊料の宿も多い。今回は、源泉かけ流しの旅館も多く、四季の風情も素晴らしい、湯河原温泉の魅力を紹介しよう。

○実は神奈川県屈指のホタルの名所

初夏の風物詩とも言えるホタルは、水が非常にきれいな場所にしか住めない。東京近郊では絶滅したイメージだが、毎年6月上旬の湯河原温泉「ほたるの宴」では、整った鑑賞環境で気軽に見ることができる。

「ほたるの宴」が行われるのは、湯河原温泉の中心部にある「万葉公園」。万葉集に登場する湯河原温泉にちなみ、万葉植物を集めた緑豊かな公園で、至近距離に町営万葉公園第2駐車場があり、車でも気軽に立ち寄れる。駐車場は1時間100円だが、公園は入園無料だ。

ホタル出現場所の花木園は公園の奥にあり、緑色の照明に照らされて、意外と明るく驚かされる。ホタルは暗い場所で鑑賞するのが常識だからだ。しかし、緑色はホタルに影響しないようで、辺り一面緑色の中で、黄色いホタルが乱舞して大変に美しい。

ホタル発生状況は、ホームページに毎日掲載されており、「見頃」と書かれていたら、すぐに行くのがオススメだ。湯河原温泉「ほたるの宴」では「花菖蒲展」も同時に開催されており、公園入口の観光協会一階に展示された花菖蒲もあわせて楽しんでいただきたい。

●information
湯河原温泉「ほたるの宴」
住所: 神奈川県湯河原町宮上566 万葉公園花木園
アクセス: JR東海道本線 湯河原駅から奥湯河原方面行きバス約15分。落合橋下車すぐ

○今が見頃のサツキは「さつきの郷」にて

湯河原温泉は四季折々の風情を満喫できる温泉地で、「ほたるの宴」の時期には「さつきの郷」も楽しめる。サツキはツツジに似ているが、ゴールデンウィークが見事のツツジに比べて開花時期が1カ月遅く、5月末から6月上旬が見頃。ただし、一斉に咲くツツジに対して、やや五月雨式に咲くとも言われる。

一面のサツキ一色を期待すると、期待ハズレに終わる恐れもあるので、真鶴半島を見下ろす雄大な景色とともに、全体的な世界観を楽しみたい観光スポットだ。無料駐車場完備で、入園も無料で気軽に立ち寄れる。

●information
湯河原温泉「さつきの郷」
住所: 神奈川県湯河原町吉浜字星ケ山2024番地
アクセス: JR東海道本線 湯河原駅から1日5往復の臨時直通バスを運行(2017年は6月11日までの予定)

○キズ物が激安! 老舗なのに格安なひもの専門店

湯河原温泉は高級宿が多いので、ランチはファミレスや蕎麦屋などで済ませて、旅館の夕食に備えるのがオススメ。その分、翌日の土産物は大量に買い込もう。

湯河原や伊豆の温泉宿の宿泊すると、朝食に必ず干物が出て、久しぶりに食べる干物のおいしさに感動することが多い。肉に比べてもヘルシーで安いので、土産物として購入する人も多いだろう。贈答品なら熱海の釜鶴など、一流ひもの店で買うのもいいが、自宅用なら絶対見逃せない店が帰路にあるので、それまで購入を控えてほしい。

湯河原に行っても伊豆に行っても、帰りに必ず通るのが根府川で、公衆トイレ付きのパーキングがあるので、場所を知っている人も多いだろう。その一角に、小田原の文久三年創業の老舗ひもの屋「山安」の支店が近年オープンした。

オススメは「キズパック」。魚が5匹前後入った1パックが、なんと税込310円。しかも、アジ、キンメダイ、ホッケ、サバ、エボダイ、カマス等と品数も豊富だ。冷凍されているので、内側が銀色の保冷バッグを持参すれば、自宅まで凍ったまま持ち帰ることができる。

格安品の魚介類は実は外国産だが、老舗ひもの店の技術と選択眼でおいしい干物に仕上げており、キズ物でも自宅で食べる分には全く問題ない。普段肉を多く食べ、魚介類は基本的に嫌いという筆者のような人にもぜひ試してほしい一品だ。試食品もあるので、老舗の干物の味を確かめながら選んでみるといいだろう。

●information
山安 根府川店
住所: 神奈川県小田原市根府川197
アクセス: JR東海道本線 根府川駅から徒歩10分

おいしいひものを手に入れた後は、やっぱり温泉で疲れを癒やしたいところ。続いては日帰りで楽しめる温泉施設や文人墨客たちに愛されてきた宿を紹介しよう。

●手が届く老舗高級旅館で文人墨客たちのひとときを追体験
○日帰り施設と足湯で気軽に湯河原温泉を

湯河原温泉で気軽に日帰り入浴ができるのが、町営の日帰り温泉施設「こごめの湯」。温泉街中心部の万葉公園に隣接した場所にあり、駐車場も完備してるので、車でも気軽に立ち寄れる。

他にも民営の日帰り温泉施設として、ゆとろ嵯峨沢の湯、湯河原ラドンセンター(ホテル城山)、ニューウェルシティ湯河原のいずみの湯があるが、いずれも入浴料金が1,000円以上で、湯河原温泉の高級イメージに拍車をかけている。一方、万葉公園の奥には、巨大な有料足湯施設「独歩の湯」がある。湯河原に関する著作を多く残した「国木田独歩」が名前の由来だ。

●information
湯河原温泉「こごめの湯」
住所: 神奈川県湯河原町宮上562-6
アクセス: JR東海道本線 湯河原駅から奥湯河原方面行きバスで約15分。公園入口下車徒歩3分

○湯河原を代表する老舗旅館で小説家気分

湯河原温泉には庶民的な宿も多いが老舗旅館も多く、飲食店の銘店として「ミシュランガイド横浜・川崎・湘南」に掲載され、星を獲得した料理自慢の宿もある。しかし、そうした宿は正真正銘の高級宿で、宿泊料金はひとり3万円以上もする。

庶民的な宿と高級宿に二極分化して、中間の価格帯の宿を探すのが難しい湯河原温泉の中で、戦前の創業の老舗旅館でありながら、2万円台から宿泊できるのが「加満田」だ。

よく筆の遅い小説家を旅館に「缶詰」にすると言うが、昭和22(1947)年に編集者でもあった小説家の宇野千代が、文芸評論家の小林秀雄を「加満田」缶詰にしたのが始まり。文人墨客や大物財界人にも愛された、老舗中の老舗だ。

奥湯河原の林に囲まれた、非常に落ち着くロケーションにあり、ふたりで篭(こ)もるのにも最適な宿。自家源泉を2本所有しており、2つの内湯と2つの無料貸切露天風呂に加え、客室の風呂まで温泉だ。

湯河原温泉の老舗らしく落ち着きと、ある種の渋さを感じる加満田。宿泊料もリーズナブルなので、料理に期待できないと思ったら大間違い。流石は、文人墨客や大物財界人の舌を満足させてきた宿だと感服する。

特に感激するのが、盛り付けの繊細さだ。舌が肥えていない分、筆者は料理を目で楽しむのが好きなのだが、あまりにも繊細な盛り付けを見て、食べずにずっと眺めていたいと思うほどであった。

●information
奥湯河原温泉「加満田」
住所: 神奈川県湯河原町宮上784
アクセス: JR東海道本線 湯河原駅から奥湯河原方面行きバスで約20分。終点下車徒歩2分

○湯河原温泉もまた、紅葉の名所

今回は湯河原温泉の初夏の魅力を中心に紹介したが、東京からも非常に近い温泉地であり、伊豆方面に行く際にも通るので、一年中いつでも行ける温泉地だ。よって、秋と春の魅力についても、併せて紹介したい。

神奈川県の紅葉名所と言えば箱根だが、湯河原温泉も箱根の山裾に位置しており、紅葉の名所だ。特に奥湯河原の紅葉が有名だが、温泉街中心部の万葉公園や町立美術館の庭園でも、美しい紅葉を楽しめる。

町立湯河原美術館は有料の施設だが、紅葉時期の庭園は無料で開放しており、見頃の夜間にはライトアップも実施する。駐車場も無料なので、是非立ち寄りたいイベントだ。

●information
町立湯河原美術館
住所: 神奈川県湯河原町宮上623-1
アクセス: JR東海道本線 湯河原駅から奥湯河原方面行きバスで約15分。美術館前下車すぐ

○極めて貴重な「夜梅」のライトアップは必見

湯河原温泉の四季のイベントの中で、一番でユニークだと感じるのが春の観梅。幕山公園とも呼ばれる湯河原梅林で、梅祭り「梅の宴」が大規模に開催される。熱海梅園のように梅の名所は各地にあるが、夜桜のように梅をライトアップする著名な名所は、関東周辺では、他には偕楽園しかない。

しかも、昼間は駐車場も入園も有料だが、夜間は完全に無料なのだから、一度は見ておきたい。極めて貴重な「夜梅」のライトアップは、まさに必見だ。

●information
湯河原梅林(幕山公園)「梅の宴」
住所: 神奈川県湯河原町鍛冶屋951-1
アクセス: JR東海道本線 湯河原駅から臨時直通バスを利用(「梅の宴」期間中のみ運行)

ホタルやサツキの絶景を楽しみ、老舗旅館の絶品料理や格安干物を満喫する湯河原温泉の魅力、いかがだっただろうか。今回は、四季のイベントの中でも代表的なものだけを紹介したが、紅葉の名所は新緑の名所でもあり、梅雨の時期の緑は一層美しさを増す。

また、夏休み期間中には湯河原海水浴場や海浜公園プールもオープンする。新幹線の駅がないせいか箱根や熱海と比較すると、リーズナブルと感じる宿泊料金の宿が多く、四季折々に何度でも利用したい温泉地だ。

○筆者プロフィール: 藤田聡
温泉研究家、オールアバウト「温泉」「紅葉スポット」ガイド。温泉旅行検定試験で2年連続日本一になり、検定協会から「温泉旅行博士」の称号を授与される。温泉地を中心に周辺観光地の取材・撮影を行い、海外旅行にも決して負けない、国内旅行の奥深い魅力をメディアで発信中。紅葉や一本桜、夜景や四季の花などの絶景スポットにも精通している。
(藤田聡)

関連記事(外部サイト)