立ち飲みホステル「STAND BY ME」福岡に誕生! 二〇加屋長介の人気グルメも

立ち飲みホステル「STAND BY ME」福岡に誕生! 二〇加屋長介の人気グルメも

画像提供:マイナビニュース

ブルースカイが運営する立ち飲み付き簡易宿泊施設型ホステル「STAND BY ME」(福岡市中央区大手門・以下、SBM)が、6月15日にオープンする。2016年4月タイ・バンコクのホステル「trica」に続き、同社では2つ目、福岡では初めての開業となる。

同ホステルは、「旅でも仕事でも、福岡に立ち寄った人には少しでも楽しく快適に過ごしてもらいたい」という気持ちを込め、訪日外国人や日本人旅行者、近郊在住者を対象にフレンドリーな立ち飲みスペースを持った"おせっかい ホステル"。

おせっかいその1として、旅人も福岡在住の人も、みんなで楽しくやりとりができるよう、4枚1,000円の木札を販売。立ち飲みSTAND BY MEの飲食は、おつまみもドリンクも全てこの木札でやりとりするため、余った木札は「おごっちゃーよ」などと、気軽なコミュニケーションのきっかけになる。また、ゆっくり飲みたい・交流したいという意思表示ができるコースターも用意する。

おせっかいその2として、メニューには地元企業の商品や食材を積極的に使用し、コラボメニューをはじめ、中には福岡に縁のある場所や店舗の名称(屋号)を採用。海外や県外、福岡在住の滞在者がSBMを通して場や店を知り、足を運べるきっかけづくりを目指している。

モーニング(7:00〜10:00)には、"MADE IN FUKUOKA"の手づくりグラノーラのほか、糸島&博多の名物食材と豚汁の和定食、大手門のベーカリーとコラボレーションを展開(木札は各3枚)。ランチタイム(11:30〜13:30o.s)には、タイ・バンコクのホステル姉妹店でも提供中の「海鮮丼日の出」(福岡市・薬院)の鶏の唐揚げ定食の逆輸入版を提供する(木札は3枚)。

カフェタイム(14:00〜17:00)には、のんびりとシロウズコーヒーの豆でブレイクタイムを(木札は1枚)。立ち飲み(17:00〜24:00)では、フード約30種類・ドリンク約20種類をそろえる。メニューは二〇加屋長介の玉置康雄氏が総合プロデュースする(木札は各1〜2枚)。

STAND BY ME(スタンドバイミー)の価格は1室3,780円〜(税込、大人ひとり利用時、1室ひとりあたり)。所在地は福岡県福岡市中央区大手門1-3-22で、福岡市営地下鉄「大濠公園」駅より徒歩約6分、西鉄バス「平和台通り」(昭和通り)下車すぐ/「福岡城鴻臚館前」(明治通り)約2分となる。鉄骨鉄筋コンクリート(地上3階)の構造で、延床総面積は81.15坪(268.264平方メートル)。

全館禁煙になっており、1階は立ち飲み(約16坪/約53平方メートル、カウンター席とテーブル席で合計35人)、2〜3階は客室(約30坪/約100平方メートル、全35床)で女性専用ドミトリーと個室(ツイン)、男女共用ドミトリーを備える。その他共用部(約35坪/約115平方メートル)には、シャワー4つ(女性専用・男性専用各2)とトイレ6つ(女性専用・男性専用各2、個室1、立ち飲み1)が設備されている。

関連記事(外部サイト)