約200点以上のカワウソ尽くしな写真展開催--カワウソまみれな動画も

約200点以上のカワウソ尽くしな写真展開催--カワウソまみれな動画も

画像提供:マイナビニュース

BACONは7月7日〜23日、カワウソの合同写真&物販展「カワウソほんと展」を、ギャラリー「TODAYS GALLERY STUDIO」(東京都台東区浅草橋)にて開催する。

同展は、近年ペットとしても注目されているカワウソの合同写真&物販展。インスタグラムでフォロワー数25万人越えのponchan918氏、テレビでも人気のmako氏などSNSの人気クリエイターを筆頭に、大学教授も務めるカワウソ写真家・佐藤淳一氏などが脇を固める。ほとんどの出展者が写真展初出展で、約200点以上の作品を展示予定となる。

カワウソは、実は犬より飼いやすいと言われていることは、あまり多く知られていない。元来、カワウソは群れを作って集団で生活するため、コミュニケーション能力が非常に高く、人にも懐き、トイレトレーニングはもちろん、簡単な芸もこなす。その一方で、カワウソは元々野生であることから、ペットには向いていないという意見があることも事実で、写真家でもあり専門家でもある佐藤淳一氏は、カワウソは元々野生であることから、整った環境が必要と唱えている。

会場には随所に、カワウソの"ほんと"のところを知ってもらうための仕掛けを施した。ペットとしてのカワウソ、野生としてのカワウソ、どちらも展示することで、まだあまり知られていないカワウソについて詳しく知ることが可能となっている。

今回の目玉のひとつでもある大型プロジェクターが用意されたカワウソまみれの動画コーナーでは、同展初公開・未公開動画などを数多く収録した30分超えの超大作を公開。芸をしたりじゃれ合ったり、犬や猫にも負けないカワウソのかわいい瞬間を存分に楽しめるとのこと。

物販は、ゆるかわのイラストが人気のイラストレーターSTUDY優作氏が、同展のために描き下ろした限定グッズを展開するほか、小物やぬいぐるみ、アクセサリーのハンドメイド雑貨など、総点数は2,000点越えとなった。また、先着2,000名には、オリジナルのポストカードを進呈する。

公式図録は、300部限定のカワウソだらけの一冊に仕上げた。その他、公式限定Tシャツも発売予定となる。

参加アーティスト(予定)
ponchan918/mako/iKeCa/STUDY優作/栞子/ヤム/佐藤淳一/いそだにく/玖鷹/こやまけいこ/内藤惠(アトリエいたち雲)/沼尻峻宗/たかむらすずな/aya33/moekonet/MOFFU./Sweet Olive

開催日時は、7月7日〜23日 11時〜19時。休館日はなし。会場は、TODAYS GALLERY STUDIO(東京都台東区浅草橋)。入場料は税込500円で、3歳以下は無料。
(エボル)

関連記事(外部サイト)