「銀座ロフト」開業! 体感できる次世代へ向けた店舗で約8万点が新提案

「銀座ロフト」開業! 体感できる次世代へ向けた店舗で約8万点が新提案

画像提供:マイナビニュース

●美容・健康は男女問わず! 全方面から"リラックス"できる商品を
2017年で創業30年目を迎えるロフトは6月23日、次世代へ向けたフラッグシップストアとして「銀座ロフト」を銀座2丁目に開店する。同店は6月11日に閉店したJR有楽町駅前の「有楽町ロフト」からの移転ではなく、時代の旬を取り込みながら、ロフトが大事にしてきた"わざわざ行きたくなる場所"としての、「モノ」「コト」「ヒト」が詰まった空間となっている。

○体験しながら、新しいここだけのものを

銀座ロフトは銀座一丁目の商業施設「銀座ベルビア館」にオープン。有楽町ロフトの時は、「無印良品 有楽町」と一体化したライフスタイル提案型のワンフロアだったが、銀座ロフトは3〜6階にまたがった、営業面積3,313平方メートル(1,002坪)に拡大している。

それぞれのフロアは、3階は「ボディ&ビューティ」、4階は「ホームソリューション」、5階は「ワーク&スタディ」、6階は「ネクストクリエーション、トラベル、モバイルツール」で構成。約8万点をラインナップする。

銀座ロフトは、東京メトロ「銀座一丁目」5番出口から徒歩1分、またはJR「有楽町駅」中央口から徒歩4分という駅近の立地ということもあり、銀座や丸の内、日本橋、有楽町で働く女性をコアターゲットとしている。とは言え、近年では男性の利用も増えていることもあり、各フロアには男性を意識した商材やディスプレーも設けている。加えて、日本を訪れる外国人に向けた、企画・常設展示などにも力を入れる。

銀座ロフトが掲げる「モノ」「コト」「ヒト」には、いつもの商品・新しい商品があるという「モノ」、ここでしか経験できない体験があるという「コト」、そして、その道の専門家とのネットワークがあるという「ヒト」の意味が込められている。全国に109店舗を展開するロフトの中でも、銀座ロフト限定・先行展開というものも数多くある。特に6月23日のオープン時には、さまざまな限定企画も実施していく。

○メンズコスメも充実

実際に各フロアを見てみよう。3階「ボディ&ビューティ」では、美容・健康雑貨領域の旬のアイテムを取りそろえる。旬の情報を「モノ」×「コト」で発信する「ロフトマーケット」も展開しており、オープン時には目にも鮮やかなバッグたちやレイングッズが出迎えてくれる。ロフトオリジナルコスメブランド「LOFCOS」は、この銀座ロフトが初展開となる。

フロア内には最新コスメを気軽に試せるテスター専用カウンターのほか、専門家によるアドバイスのもとで商品を試せるエリアも設置。モデルの田中里奈氏監修による銀座ロフトオリジナル コスメギフトBOXも展開しており、「アノヒトにコレを贈ろう」をテーマにした、さまざまなギフトBOXが並んでいる。

さらに、店内にメンズコスメも充実しており、バーバ・原宿「ウルフマン」で愛されているオリジナルコスメがロフト限定で登場するほか、フランス発のメンズスタイルブランド「ヘアガム」が日本初上陸、また、NYの「シーオービゲロウ」なども取りそろえている。

○猿田彦珈琲が今だけ銀座に!

4階「ホームソリューション」は、"リラックス"がフロアテーマ。家庭用品「旬を愉しむ東京暮らし」とインテリア「暮らしを上手に楽しむTOKYO STYLE」をライフスタイル別に構成し、デザイン性と機能性を兼ねたさまざまな商品を提案してくれる。

注目は、今回が日本初展開となる、デザイナーでもあるパパと4人の娘とのリアルライフから生まれたフランス発ブランド「LA TENTE ISLAISE」。近場の公園やビーチなど、ゆるくアウトドアを楽しむのにぴったりなアウトドアグッズや、あわせて使いたいアパレルグッズがそろう。

また、期間限定で銀座初、猿田彦珈琲のPOP UPカフェが登場。銀座ロフトのためにバリスタ・大塚朝之氏がプロデュースした「LOFTオリジナルブレンド」を、7月13日まで限定発売する。

また、新感覚のレストラン「Salmon&Trout」の料理人・森枝幹氏による、プロ視点でセレクトするキッチン雑貨をまとめたキッチンも公開している。そのほか、植物と暮らすをテーマにしたインテリアグリーンや、話題の作家6人の豆皿など、暮らしを豊かにしてくれるアイテムも幅広く展開している。

続いては、5〜6階を紹介する。特に5階には、SNSで話題になった"あのノート"が、ここ、銀座ロフトで先行販売されることになっている。見逃しのないようにしていただきたい。

●世界で一番鉛筆が愛おしくなる空間、アニメと旅とモバイル空間
○これが話題の「円周率ノート」

ただ見ているだけでも楽しくなってくるのが、5階「ワーク&スタディ」。インテリジェンスと遊び心が醸し出す文具雑貨「ステーショナリーワールド」とONとOFFを楽しむ「カジュアルバッグ」で、売り場を構成している。

圧巻なのが、"I Love Pencil"をテーマに、アナログツールの原点である筆記具の魅力を伝える「Pencil Bar」。海外の買い付けなど限定アイテムも含め、世界中の300種類・5,000本もの鉛筆を取りそろえている。鉛筆のほか、消しゴムやスタンプ、削りなどの周辺小物もあり、ついコレクションをしてしまいたくなってしまう。そばには、筆記具の試し書き専用のスタンドまで設置されている。

また、銀座ロフトならではの商品として、「円周率ノート」も展開。罫線が円周率になったこのノートはSNSで話題になり、制作元のキングジムにロフトのバイヤーが交渉し、商品化されることになったという。銀座ロフトでは314冊限定・税別314円という設定もにくい。なお、ロフトネットストアにおいても6月23日11時より限定販売し、その後は、7月上旬に全国のロフトで展開していくという。

"懐かしい"と"小さい"をテーマにした「小文具古文具」では、商品の販売のほか、よく見る"あの文具"を小さくした「小文具」とお蔵入りした人気アイテム「古文具」、また、文具王・高畑正幸氏による蔵出し品の展示も行っている。そのほか、有楽町ロフトでも愛されてきたモレスキンも「モレスキン NEWアトリエ」としてバージョンアップし、世界で初めてとなるモレスキンの名入れマシーンを常設する。

○アートに刺激を受け、旅に出よう

6階「ネクストクリエーション、トラベル、モバイルツール」では、「メディコムトイ」を始めとするポップカルチャーからアニメ関連などのアート&デザインの売り場や、トラベルグッズと最新のモバイルツールが融合したコーナーなども設置。フロアの中でいろいろな世界観が楽しめるのが、この6階と言えるだろう。

ネクストクリエーションのエリアでは、"クールジャパン"と称される日本のアニメ文化が、さまざまな場所で実感できる空間となっている。その奥には、レーザーカッターやUVプリンター、メタルプリンターなどの最新の加工機器を自分で実際に使いながら、デザインできる体験型の工房「LOFT&Fab」を開設。カスタマイズ体験は30分〜1時間でできるので、店内で見つけた商品をその場でカスタム、ということも可能だ。

銀座ロフトは6月23日にグランドオープン。オープニングイベントとして、銀座ロフトのために各業界のスペシャリストが集まって結成された「チームロフト」によるイベントを、各フロアで開催する(時期はイベントによって異なる)。また、オープン記念として税込3,000円以上購入した先着3,000人に、「ロフトオリジナルショルダー」をプレゼントする。入居している銀座ベルビア館の所在地は東京都中央区銀座2丁目4番6号で、営業時間は11時〜21時(レストランは〜23時30分)となる。
(松永早弥香)

関連記事(外部サイト)