JAL国内線「ずっとWi-Fi無料宣言!」--機内インターネット接続がずっと無料

JAL国内線「ずっとWi-Fi無料宣言!」--機内インターネット接続がずっと無料

画像提供:マイナビニュース

JALグループは6月20日、JALグループ国内線で展開している機内Wi-Fi無料キャンペーンを、今後も継続して無料とする「ずっとWi-Fi無料宣言! 」を発表。これにより、JAL・JTA国内線機内Wi-Fiサービス対応機材で運航する全ての便(777-300、777-200、767-300、737-800。国際線機材運航時は除く)は、時間制限なくインターネットをいつでも無料で利用できる。

JALは2014年7月より、国内線で初めて衛星を介した機内インターネットサービスを導入。同サービスは、機内にて乗客自身のWi-Fi対応端末で、メール・SNS・WEB閲覧など地上とのインターネット通信が可能なサービスで、従来では有料で展開していた。

現在、8月31日までの期間限定で、機内インターネット無料キャンペーン実施しているが、一般の声に応え、この先ずっと無料で利用できるようにした。なお、J-AIR運航のエンブラエル190/170では「無料ビデオプログラムサービス」を提供しているが、インターネット接続サービスは搭載されていない。

利用できる時間は離陸の約5分後から着陸の5分前まで(JTAで運航する機材においてでは、便出発から到着まで利用可能)。国内線機内Wi-Fiサービスのプロバイダーは、Gogoとなる。同サービスは衛星を介して提供しているため、飛行エリア・時間帯によっては接続が中断したり、不安定になったりすることがある。また、アクセスが集中するとつながりにくい場合がある。

関連記事(外部サイト)