JAL、ボーイング787-9に新「JAL SKY SUITE 787」導入--座席数も203席に拡大

JAL、ボーイング787-9に新「JAL SKY SUITE 787」導入--座席数も203席に拡大

画像提供:マイナビニュース

JALは7月31日より、新な客室仕様の「JAL SKY SUITE 787(スカイスイート 787)」を搭載した787-9を導入。成田=クアラルンプール線(JL723便/JL724便)で就航を開始し、順次路線を拡大していく。

JALはこれまで、「ひとクラス上の最高品質」をテーマとし、「JAL SKY SUITE」仕様の777-300ER、777-200ER、767-300ER、787-8/787-9を展開しており、今回、「JAL SKY SUITE 787」の787-9が加わることになった。運航路線は成田=クアラルンプール線(火曜日は除く)/大連(火曜日のみ)。なお、機材納入の状況により、就航開始時期は変更となる可能性がある。

ビジネスクラスに関しては、2016年6月に777-200ERにて最新のフルフラット型座席「JAL SKY SUITE III(スカイスイートスリー)」を導入。これにより、国際線中長距離路線のビジネスクラスにおけるフルフラット化を推進するとともに、旺盛なビジネス需要に応え、現行の787-9より席数を多く展開している。

配列は1-2-1(横4席配列)で、シートのベッド長は最大約198cm、ベッド幅は約53cm(可動式アームレスト収納時は約74cm)、シート幅(アームレスト間)は約51cm。可動式プライバシーパーティションを採用しており、プライバシーの確保と同行者とのコミュニケーション、双方のニーズに対応する。個人モニターは17インチで、PC作業などにも適した収納式の大型ダイニングテーブルや、身の回り品を手軽に収納できる専用収納スペースで快適なパーソナル空間を創出。全シートにユニバーサルPC電源、USBポート、4段階に調節可能な LED ライトを装備する。

プレミアムエコノミークラスには、他の「JAL SKY SUITE」機材で好評の「JAL SKYPREMIUM(スカイプレミアム)」を装着。配列は2-3-2(横7席配列)で、シートの座席ピッチは約107cm、座席幅は約49cm。個人モニターは12.1インチ(最前列は10.6インチ)で、全シートにユニバーサルPC電源とUSBポートを装備する。

エコノミークラスは座席ピッチ(前後間隔)を約5cm拡大した「JALSKY WIDER(スカイワイダー)」を採用することで、国際線「新・間隔エコノミー」の投入路線をさらに拡大する。また、787で他の航空会社が横9席配列の仕様としている中、JALは世界で唯一、2-4-2の横8席配列を引き続き採用し、横9席配列に比べ約5cm広いゆとりある座席幅となる。シートの座席ピッチは約84cm、座席幅は約48cm。個人モニターは10.6インチで、全シートにユニバーサルPC電源とUSBポートを装備する。

そのほか、客室には客室照明にLEDを採用するほか、全てのトイレに温水洗浄機能付き便座「ウォシュレット」を装備。また、既存の「JAL SKY SUITE 777」や「JAL SKY SUITE 767」、一部の「JAL SKY SUITE 787」で導入している国際線機内インターネット接続サービスを提供する。エンターテイメントは、最新の映画や話題の楽曲を中心とした300を超える映画・ビデオ・オーディオなどのプログラムを楽しめる最新の機内エンターテインメントシステム「MAGIC-VI」を利用できる。

関連記事(外部サイト)