6月の景気判断、半年ぶり上方修正 - 月例経済報告

6月の景気判断、半年ぶり上方修正 - 月例経済報告

画像提供:マイナビニュース

内閣府は6月22日、2017年6月の月例経済報告を発表した。景気の基調判断を「緩やかな回復基調が続いている」とし、2016年12月以来、6カ月ぶりに上方修正した。前月は「一部に改善の遅れもみられるが、緩やかな回復基調が続いている」と判断していた。

○先行きは据え置き

個人消費については、前月の「総じてみれば持ち直しの動きが続いている」から「緩やかに持ち直している」に上方修正。設備投資については、「持ち直しの動きがみられる」から「持ち直している」に判断を引き上げた。

住宅建設については、「弱含んでいる」から「このところ横ばいとなっている」に上方修正。公共投資については、「底堅い動きとなっている」から「底堅さが増している」に判断を引き上げた。

国内景気の先行きについては、「雇用・所得環境の改善が続くなかで、各種政策の効果もあって、緩やかに回復していくことが期待される」との判断を据え置いた。またリスク要因として、海外経済の不確実性や金融資本市場の変動の影響を挙げた。
(御木本千春)

関連記事(外部サイト)