クレジットカードの選び方で注意したい4つのポイント

クレジットカードの選び方で注意したい4つのポイント

画像提供:マイナビニュース

●ポイント還元率とシーン別用途を考える
日々の買い物に欠かせないクレジットカード。初めてカードを作る時や、メインで使うカードを改めて作りたいという時には、どのような点から選べばいいか迷ってしまうのではないでしょうか。今や、生活になくてはならない存在のクレジットカードは、お得に使える1枚を、失敗せずに選びたいですね。

今回は、クレジットカードの選び方で注意したい4つのポイントをご紹介しましょう。

○その1:ポイント還元率を見る

クレジットカードの利用場面は、最近では非常に多くなりました。スーパーやコンビニ、飲食店での支払いのほか、光熱費や公共料金、通信費といった毎月の生活費など、ほとんどをクレジットカードで済ませている人も多いはずです。支払いの手間が省けるという理由ももちろんありますが、クレジットカードを使うことで、利用金額に応じて付与されるポイントが貯められるのは大きなメリットでしょう。貯まったポイントは、商品券や景品と交換できる、または、キャッシュバックされて現金のように使うことができる場合もあります。そのため、まずはポイント還元率からクレジットカードを選んでみましょう。

ポイント還元率とは、利用金額に対していくらのポイントがもらえるかの大きさを示したものです。たとえば、100円の買い物をして1ポイントがもらえるのであれば、ポイント還元率は1%ということになります。当然、ポイント還元率の高い方が、同じ金額の買い物をしても早く多くのポイントを貯めることができますので、お得になるのです。

○その2:よく使うシーンに合わせて選ぶ

クレジットカードをさらにお得に使うなら、ポイント還元率だけでなく、自分がよく利用するシーンに合わせてカードを選びたいところ。普段頻繁に買い物をするお店がカードを発行しているなら、ポイント還元率が高くなる、割引が効くなど嬉しい特典があるはずです。提携している他の店舗で利用できる場合もありますので、まずは利用頻度の高いお店でカードの発行がないか調べてみるといいでしょう。

たとえば、毎日のようにスーパーへ行くなら、クレジットカードを有効に使える可能性は大です。よく知られているものとして、イオンやマックスバリュといったイオングループの店舗で使える「イオンカード」があります。「お客様感謝デー」である20日と30日には、支払い代金が5%オフとなります。同様の割引サービスを提供しているカードは他にもありますので、ぜひチェックしてみましょう。

また、出張や海外旅行で飛行機を利用する機会が多いなら、航空会社系のクレジットカードがおすすめです。ポイントを貯めれば、航空会社のマイルと交換することができます。なお、新幹線移動が多い人は、鉄道系のクレジットカードを検討するのもいいでしょう。

その他にも、デパートやコンビニ、家電量販店などで特典や割引が適用されるクレジットカードもあります。買い物の際、これまでの現金払いをクレジットカード払いに変えるだけでメリットがあるのは、嬉しいですね。

※画像と本文は関係ありません

●年会費と国際ブランド
○その3:初心者は年会費無料のカードで充分

次に考えたいのが、「年会費」です。年会費とは、そのカードを持つと毎年かかる会費のこと。無料のものも多いですが、年数十万円の年会費がかかるカードもあります。ただし、特別なサービスを利用したい場合を除き、まずは年会費無料のクレジットカードを選んで困ることはないでしょう。年会費無料のクレジットカードでも、問題なくポイントが付きますし、還元率が高いクレジットカードもたくさんあります。

○その4:国際ブランドを選ぶ

もうひとつ気を付けたいのは、クレジットカードの国際ブランドです。国際ブランドとは、世界中どこでも利用可能な決済システムを提供している仕組みのことです。VISA、MasterCard、JCB、AmericanExpress、Diners Clubのほか、中国銀聯(ちゅうごくぎんれん)、Discover Cardを加えた7ブランドがあります。これらのブランドのうち、国内外問わず加盟店舗数が多いのは、VISAとMasterCard。そのため、海外で使う機会が多い、海外旅行のために使いたいという場合は、この2ブランドを選ぶといいでしょう。

初心者でどれを選べばいいか分からない場合は、VISAを選択しておけば、ひとまず問題ないはずです。また、国内で使うことがほとんどという人は、日本企業が運営する唯一の国際ブランドであるJCBもおすすめです。

クレジットカードは数が多く、また、魅力的な特典を付けているものも豊富にあるため、選択には頭を悩ませますよね。しかし、今回ご紹介したポイントを押さえて選べば、まずは納得のいく1枚が見つかるはずです。慣れてきたら、年会費をかけても使いたいカードを探すのもいいでしょう。ただひとつ、ポイントを貯める目的で使い過ぎてしまうことには注意が必要です。クレジットカードを賢く使いこなし、お得に買い物をしましょう。

筆者プロフィール:武藤貴子
ファイナンシャル・プランナー(AFP)、ネット起業コンサルタント
会社員時代、お金の知識の必要性を感じ、AFP(日本FP協会認定)資格を取得。二足のわらじでファイナンシャル・プランナーとしてセミナーやマネーコラムの執筆を展開。独立後はネット起業のコンサルティングを行うとともに、執筆や個人マネー相談を中心に活動中。FP Cafe登録FP。

※画像と本文は関係ありません
(武藤貴子)

関連記事(外部サイト)