あなたは見える? - Visaが新宿駅で「見える人には当たるキャンペーン」実施

あなたは見える? - Visaが新宿駅で「見える人には当たるキャンペーン」実施

画像提供:マイナビニュース

ビザ・ワールドワイドは6月26日から7月2日までの期間、JR新宿駅北通りに位置するパノラマ新宿にて、SNS連動型キャンペーンを実施する。駅構内に設置された巨大バーコードから見える壁画をSNS上でつぶやくと、抽選でプレゼントがもらえる。

○ハッシュタグをつけて投稿で旅行券が当たる!

デビットカードは店頭やネットショッピングで利用でき、決済と同じタイミングで口座から金額が直接引き落とされる仕組みのカード。クレジットカードのようにVisaやJCBなどの国際ブランドのネットワークを利用して決済を行うもので、三菱東京UFJ銀行や楽天銀行、ソニー銀行などの金融機関が発行している。

「Visaデビット #見える人には当たるキャンペーン」と題された今回のキャンペーンでは、Visaデビットの買い物シーンを壁一面の大きなバーコードで表現。一部をスライドさせることにより絵が動いて見える"スキャニメーション"を解読すると、ある壁画が現れるという。壁画を解読し、「彼が買い物をした場所は?」「彼女が買い物をした場所は?」という質問への回答をハッシュタグ付きでSNSに投稿すると、抽選で1組2名に「素敵な景色が『見える』宮古島2泊3日旅行券」が当たる。スキャニメーションはJR新宿駅だけでなく、特設サイトからも見ることができる。

応募期間は6月26日〜7月2日。応募方法はTwitterでVisa公式アカウント「@VisaJP」をフォローした上で、男女どちらかが買い物をした場所をハッシュタグ「#見える人には見える」「#Visaデビット」をつけて投稿する必要がある。

関連記事(外部サイト)